Active Directoryセキュリティセミナー

Active Directory監査レポートツール

Active Directoryに対するサイバー攻撃の現状と対策の必要性

なぜ狙われるのか、どう守るのか

なぜ狙われるのか、どう守るのか

近年、標的型攻撃においてActive Directoryが頻繁に狙われているという事実が報告されており、企業/組織にとってActive Directoryのセキュリティ対策は、必須事項となりつつあります。

当セミナーでは、Active Directoryのセキュリティ啓発を目的として、企業向けにトレーニングを実施している東京大学情報学環の研究員を招き、「具体的な攻撃手法」や「ログによる効率的な攻撃検知」など、実用的な対策方法を解説します。参考資料:Active Directoryのログ調査の重要性(出典:SiSOC TOKYO)

なお、攻撃の兆候や手法を理解した場合も、「実際の対策をどうするか?」という点で頭を悩ませるご担当者様が多くいらっしゃいます。そこで、セミナー後半は「実運用」や「ツールの活用」をいかに行うかについて、実際にソリューション導入実績があるITコンサルタントやメーカーの視点で解説を行います。

セミナー詳細

プログラム
セッション1
(約30分)
Active Directory運用に対するサイバー攻撃の現状と対策の必要性 なぜ狙われるのか、どう守るのか

講師

東京大学大学院 情報学環 松田 亘氏/藤本 万里子氏

セッション2
(約10分)
Active Directory運用の実際 セキュリティ担保と効率的な運用

【ポイント】AD管理についての支援メニューもご紹介。アセスメントや支援先を探しているご担当者様は必見です。

講師

株式会社フェス グループリーダ 鈴木浩一氏

セッション3
(約20分)
ツールを活用してAD管理者IDの管理・監視を効率的に

【ポイント】ツールを活用したADアカウントの管理方法について実演します。

また、「イベントログの消去/ローカル管理者のパスワード変更/認証回数」など、Active Directoryへの攻撃をログから検知するためのレポート出力画面も必見です。

講師

ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine製品担当

セミナー&視聴登録フォーム

当Webセミナーは、ゾーホージャパンがGoToWebinarのシステムを活用して配信します。

お申込みに際しては、「ゾーホージャパン」および「GoToWebinar」のプライバシーポリシーにご同意ください。 また、予定が変更となる可能性がございますことをご了承ください。

オンデマンド配信

関連セミナー情報

注意事項
  • セミナーのプログラムは予告なく変更される場合があります。
  • 参加希望者が定員を超えた場合はご参加を調整させていただく可能性があります。
  • 競合会社または当社が参加対象として不適切だと判断した場合はご参加をお断りする可能性があります。
  • お申込みいただいた情報は、セミナー講演社からの招待状の送付や問い合わせに対する回答、製品やサービス、イベントに関する最新の情報提供のために利用させていただきます。正確な情報を記入していただくようお願いいたします。
  • 本ページに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。