Active Directory操作の申請、承認、実行をワークフロー化

Active Directory ID管理ソフト

Active Directory における申請/承認のワークフローとは

申請/承認のワークフローは、Active Directory上の作業依頼を作成し、その承認や実行のプロセスを管理し、履歴に記録します。システム管理者はワークフローの流れを定義し、ワークフローによって様々な管理操作(アカウントの作成、変更、Active Directory クリーンアップなど)の流れを定義することです。

申請/承認ワークフローの必要性

Active Directoryを管理する組織において、Active Directory上での期待しない操作や操作ミスを防ぐ安全策を用意し、実行する操作に間違いがないことを確実にチェックする必要があります。しかし、このようなチェックを行う業務フローをシステム抜きで実現することは容易ではありません。また、ADUCやPowerShellなど、従来の管理方法を採用しているケースでは、各担当者に専門知識が必要とされたり管理が統一化されていなかったり、セキュリティリスクの上昇も危ぶまれます。

ツールのワークフロー機能で業務を効率化

こうした課題を解決するに、ManageEngineが提供するADManager Plusはワークフロー機能を用意しています。ADManager Plusのワークフロー機能を利用することにより、Active Directory上の操作の申請から承認、実行までの流れをチケット管理し、業務ルールに沿ったシステムを実装することができます。

ワークフロー機能でセキュアに業務効率化

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Active Directory 申請/承認ワークフロー【Active Directory 申請/承認ワークフロー】

ADManager Plus 申請/承認ワークフローの特長

  • 依頼者、レビュー担当者、承認者、実行者の、最大4ステップの承認ワークフロー
  • コンプライアンス監査対応の支援:ワークフローのすべての依頼と完了した処理の証跡を、指定期間保持
  • ワークフローのステップごとに、関係する担当者に対するメール通知
  • 依頼内容などの条件により、依頼の優先度や担当者の割り当てを自動で行うルールの定義
  • 依頼・承認ワークフローと自動化機能の組み合わせが可能

Active Directory作業のワークフロー化でセキュアに効率化を実現するADManager Plus

様々な技術レベルのActive Directory管理者にとって十分に分かりやすいインターフェースを用意しており、習得しやすい管理ツールとなっています。

ワークフロー化を無料で実現

ダウンロードはこちら概要資料はこちら