ADManager Plus 導入事例

Active Directory ID管理ソフト

センチネントフライト・グループ社導入事例(アメリカ)

頻繁な体制変更でも、独立したドメインサーバーを統合し、Active Directory ID管理の一元化と効率化を実現!

導入効果

  • 独立したドメインサーバーの統合管理
  • Active Directory 一括更新作業、レポート作成、データ障害対応の迅速化

ユーザープロフィール

センチネントフライト・グループは民間ジェット機のメンバーシップの主要な提供業者で、1999年に最初のプログラムを発売しています。2007年にジェットダイレクト・アビエーション社と合併し、この合併によって、120機を越える多くのジェット機を傘下に置き、地域基地を8基地、FAA認可の機体整備工場を3工場、常設運用拠点を3拠点有する、民間航空運輸に関わるすべての事業を展開する主要な会社になりました。また、2007年に、センチネントフライト・グループはTAG USAアビエーション社も買収しました。その結果、センチネントフライト・グループとして知られるようになりました。

業 種航空運輸
事業内容航空機チャーター便サービス
所在地米国マサチューセッツ州ウェイマス

現在、センチネントフライト・グループは、航空機チャーター便や航空機管理などを含む一連のサービスや事業で総合航空運輸ソリューションを提供しています。米国マサチューセッツ州ウェイマスに本社を置き、センチネントフライト・グループはいつでも世界のほとんどどこからでも民間の航空運輸に関するニーズや要件を完璧に満たす用意があります。

導入製品

Active Directory ID管理ソフト 「ADManager Plus」

Active Directory ID管理ソフト ADManager Plus

製品導入の流れ

導入の背景と課題

独立したドメインサーバーを統合し、データを一元管理できるツールが必要だった

航空機チャーター便運行業界では競争が激しくなり、M&Aが非常に増加しています。目下のところ、買収が企業の急速な成長の有力な手段になっています。

ビジネスのリストラ、リソースの配置転換、統合手順の作成など買収後の作業がトータルで成功するためのカギになっています。 2007年のジェットダイレクトアビエーション社との合併およびTAG USAアビエーション社の買収によって、過去18ヶ月の間にセンチネントフライト・グループは急速に事業を拡大しています。このM&Aの結果、すぐに2つの独立したドメインサーバーをどう取り扱うかという問題が発生しました。センチネントフライト・グループにとって、データの正確性を損なうことなく2つの独立したドメインサーバーを全社的に1つのドメインに統合するという課題は、重要な任務でした。

この作業を行うために、社内でソフトウェアツールを作成することや一方のドメインからデータを抜き取って他方のドメインに手作業で入れるというようなソリューションが検討されました。両方の方法ともにうまくいかないということが分かりました。前者の社内でソフトウェアツールを開発するのは予算的な問題と時間的な制約がありあきらめざるを得ませんでした。後者の手作業に頼る方法では大量のリソースを消費しなければなりません。その結果、センチネントフライト・グループでは、すでに市場で販売されているソフトウェアを採用してドメインをマージすることにしました。

ID管理ソフトに求める要件
  • 独立したドメインサーバーを統合し、データを一元管理できること

導入の検討

ダイナミックに変化する環境にある Active Directory を標準化と効率化に欠かせない生産性向上ツールに

社内体制が頻繁に変わるので、独立したドメインサーバーを統合することができ、それによってレジデントドメインに関係なくデータの保管や検索ができるツールが必要でした。評価したソフトウェアの中で、組み込まれている機能やリーズナブルな価格の点ですぐにADManager Plusが選ばれました。やがて、ADManager Plusはセンチネントフライト・グループの緊急のニーズを満たすだけでなく、Active Directory本来の効率的な管理やレポート作成で大いに役に立つようになりました。

「当社のサイトに導入してすぐにADManager PlusはActive Directoryデータの日々の管理に欠かせないツールになりました。これは、評価の段階では思ってもいなかったことです」

とセンチネントフライト・グループのシニアデータベース管理者(DBA)、ウィリアム・ルーコフ氏は語っています。

製品の選定

ManageEngine ADManager Plusを導入

センチネントフライト・グループがADManager Plusの購入決定に至ったいくつかの理由の中で最も強力で影響が大きかったのは、網羅的なレポートのリスト、一括のユーザー作成や変更モジュール、複数ドメインサーバーのアクセスや管理が可能という点でした。さらに、レポートの自動作成がもうひとつのキーの機能で、センチネントフライト・グループのADManager Plus選択の価値を高めています。レポートは規定時間ごとに作成して指定された電子メールアドレスに送るようスケジュールすることができます。

ADManager Plusは、新規セキュリティグループやOUの作成しやすさとともに迅速なリカバリ、レポート作成、データ異常の修復で役立っています」とルーコフ氏は述べています。

ADManager PlusのWebベースの対話型で分かりやすいユーザーインターフェースで、第一線でユーザー管理やレポート作成を行う要員が容易かつ自信をもって作業するのを手助けしています。現在、センチネントフライト・グループのActive Directoryは、ヘルプデスクスタッフ3名とデータベース管理者(DBA)1名によって効率的に管理されています。

導入の決め手

  • 豊富なレポート機能、ユーザー一括作成/変更機能、複数ドメインサーバー管理機能
  • レポートの自動作成(スケジュール化)機能
  • 分かりやすいユーザーインターフェースと使いやすさ

導入の効果

ADManager Plusの導入で、センチネントフライト・グループでは仕事が楽に

ADManager Plusはドメイン間で切り替えの選択ができるだけでなく、センチネントフライト・グループにおけるActive Directoryの運用管理を強化してくれました。ADManager Plusのユーザーフレンドリなインターフェースで、技術に明るくない第一線の要員にも使わせることができます。さらに、ADManager Plusには一連の使いやすい一括実行処理機能があるので、データの更新に関しても正確さが維持できます。

ManageEngine ADManager Plusのおかげで、ドメイン統合問題が多く発生する企業買収や企業規模の拡大は、データベース管理者(DBA)にとって最早心配の種ではありません。

導入効果

  • 独立したドメインサーバーの統合管理
  • Active Directory 一括更新作業、レポート作成、データ障害対応の迅速化