Exchangeの配布リストレポート

Active Directory ID管理ソフト

Exchangeの配布リストレポート

ManageEngine ADManager Plusは、ウェブベースのツールであり、Microsoft Exchange Serverのレポート生成を、Exchange Server(Exchange 2003, 2007, 2010, 2013 and 2016)に対応した配布リスト固有のレポート、Active Sync有効/無効レポート、メールボックスサイズ上限レポートなどにより、1つのコンソールで簡略化します。

配布リストはExchange ServersとメールまたはMS Outlookのようなメッセージクライアントに不可欠であり、これらに関する最新かつ詳細な情報が必要です。ExchangeソフトウェアのネイティブツールやPowerShellでは、すべての配布リスト、メールボックスの有無ごとのメンバー、所有者などの基本的な情報を簡単に取得することもできません。

ADManager Plusの設定済みのExchange Serverレポート

このツールは、以下のような設定済みのレポートにより、Exchangeのレポート生成にかかる時間を短縮します:

  • 配布グループレポートこのレポートを使うことで、Exchange環境のすべての配布グループのリストを取得することができます。
  • 配布リストメンバーのレポート:このレポートは少なくとも1つの配布グループまたはリストのメンバーであるユーザーをすべて特定し、抽出するのに役立ちます。
  • 非配布リストメンバーのレポート:このレポートの目的は、配布リストに所属していないすべてのユーザーを特定することです。
  • グループに所属していないユーザーのレポート:このレポートにより特定の配布またはセキュリティグループに所属していないすべてのユーザーを取得することができます。
  • グループに所属しているユーザーのレポート:特定のグループとサブグループに所属しているすべてのメンバーを検出することができます。
  • グループ種類と範囲のレポート:組織内のすべての配布リストを、グローバル、ドメインローカル、ユニバーサルなどの範囲に基づいて取得することができます。
  • 詳細なグループメンバーのレポート:このレポートは、特定の配布グループおよびサブグループに所属しているすべてのADオブジェクトまたはアカウントを取得します。
Exchange Serverレポート-配布リストのメンバー

配布リストメンバーのレポート

Exchange Serverレポート-非配布リストのメンバー

非配布リストメンバーのレポート

ADManager Plusで利用できるその他の主なExchange Serverレポート

配布リスト固有のレポートだけでなく、このウェブベースのExchangeレポートツールは、以下のようなその他の重要なExchangeレポートも提供します:

  • 全般的なExchangeレポート例:メールボックス有効ユーザーのレポート、メールボックスのないユーザーのレポート、メール有効ユーザー/グループのレポート、メールプロクシ有効ユーザー/グループのレポートなど。
  • レポートに基づく配布受信設定例:既定または制限の送信メッセージサイズレポート、既定または制限の受信者数レポート、既定または制限の受信メッセージサイズレポート、ユーザーメールボックスの上限レポート、Exchangeのアドレスリストに表示されないユーザーレポートなど。
  • 機能ベースのレポート例:OMA有効/無効レポート、OWA有効/無効レポート、Active Sync有効または無効レポート、POP3有効または無効レポート、IMAP4有効または無効レポートなど。

MS Exchangeレポートだけでなく、このツールは、Active Directoryのグループ、コンピューター、連絡策、ユーザーに関する情報を、非アクティブユーザーのレポート、最近ログオンしたユーザーのレポート、パスワードレポート、メール有効な連絡先、非アクティブコンピューター、管理対象のコンピューターなどの設定済みのレポートを通じて取得します。

ADManager Plus - 多機能なレポートツール

Exchangeのレポート生成に関する複雑さを解きほぐすだけでなく、このウェブベースのソフトウェアは、以下のような数多くの機能も提供します:

ADManager Plusでは、これらすべてをボタンをクリックするだけで実行できます。必要なわけではないものの、1つのウェブベースのコンソールから、複数のバージョンのExchange Server(Exchange 2003, 2007, 2010, 2013 and 2016)にレポートを生成してエクスポートすることのできる究極の利点があります。

  • Exchangeリストと配布リストのレポートをスケジュール設定して、レポート生成を自動化。
  • 配布リスト、メンバー、配布リスト内のメンバーまたはユーザーのメールアドレスなどをExcel、CSV、HTML、PDFエクスポート。
  • 必要に応じて、配布グループのメンバー、配布グループ、所有者などをExchangeインフラストラクチャーから抽出して、メールの添付ファイルとして複数のユーザーに送信。