ID管理とは?

ID管理とは、システムにアクセスするためのIDとそれに紐づく資格情報などを適切に保管・運用することです。

ID管理では、以下の4点が迅速且つ確実に実現できていることが望ましいと言えます。

  • 新規IDの作成
  • アカウント情報の変更
  • 不要IDの安全な運用
  • IDの不適切な利用がないか確認

今日において、多くの企業がID情報を使用するシステムを運用しています。ID管理を適切に実施しないと、ID情報の利用がボトルネックになって業務が遅延することや情報漏洩などのセキュリティ上の問題が発生することが考えられます。

 

ID管理を効率化するには?解決策はID管理ソフト

多くの従業員を抱える企業の場合、管理すべきIDの数も膨大になります。このため、より一層適切なID管理が必要となります。しかし多くの組織では、数名のシステム運用管理担当者が他の業務と兼務で対応している場合が多いと言えます。わずかな人数の管理部門だけで人力で管理しようとしても、更新漏れや削除漏れなどのミスが発生しやすくなったり、ID情報更新/削除などの対応依頼から実行までが停滞したりして、業務の圧迫につながります。

ID管理に十分な人員を割けない、しかしID管理の工数や管理方法を改善したいという場合は、ID管理用のソフトウェアを導入し、ID管理の効率化を検討しましょう。

ID管理ソフトウェア(以下、ID管理ソフト)とは、IDやそれに紐付く情報をソフトウェア上で管理できるようにしたものです。一般にID管理ソフトにはExcel等の表計算ソフトは含めず、ID管理のための専用ソフトウェアを指します。

ID管理ソフトを導入するメリットは、ID管理に特化したソフトウェアであるため、ID管理のプロセスを効率化する機能が多い点です。
Excel等の表計算ソフトを用いたID管理で業務の効率化を検討する場合、マクロなどでの開発が必要になることがあります。しかし、ID管理ソフトを利用する場合は最初からID管理のプロセスを効率化する機能が用意されている場合が多く、開発は不要になるケースがほとんどです。

また、ID管理ソフトで実現できるID管理の効率化で最も注目すべきポイントはID管理をシステムできる点です。

 

ID管理ソフトで実現できるID管理業務のシステム化

ここからは、ID管理ソフトの導入で実現できるID管理業務のシステム化のパターンをご紹介します。

 

人事異動時のID管理の自動化

ID管理の中でも大きな工数を占める業務として、新入社員の入社や社員の異動などに伴うIDの新規作成や権限変更等が上げられます。

これらの業務は、社員の入退社や人事異動の都度対応する必要がある不定期業務のほか、人事情報の発令日に合わせて一斉に情報を変更する対応が必要なものがあります。特に後者の業務の場合、前日の営業終了時間から深夜まで作業にあたる等の対応が必要になることも少なくありません。

ID管理ソフトの導入で、上記に挙げたような業務の自動化が可能になる場合があります。

例えばActive Directoryの場合、指定した部署に追加されたユーザーを特定のグループに自動で追加したり、Active Directoryにユーザー追加があった場合にクラウドサービスアカウントも自動で作成するなど、業務を効率化できます。また、その他にも、退職者のアカウントなどを自動で無効化し削除するなど、セキュリティ向上のための自動化などもあります。

ID管理ソフトを検討する場合は、どのような業務を自動化することでID管理の効率化が図れるかに注目してソフトを選定しましょう。

ID情報の申請・承認プロセスのワークフロー化

ID管理業務における作業のミスや意図しない変更・悪用などを防ぐため、IDの作成・変更・削除などの作業のためには、多数の申請・レビュー・承認のプロセスが含まれているケースがあります。

紙媒体での申請書やメールでそれらの業務を実施している場合には、申請内容の抜け漏れによる差戻などが発生したり、監査時など必要な時に後から履歴を追うことに時間が掛かってしまいます。

ID管理ソフトでは、上記のような申請・承認プロセスのワークフロー化を担う機能が実装されている場合が多いです。。

ID管理ソフトを用いてこのようなプロセスをワークフロー化する場合、紙媒体やメールでの申請がなくなるので、申請の抜け漏れによる業務遅延を防止でき、さらに監査対応で必要な証跡も残ります。

 

ID管理を効率的&低価格で実現するID管理ツールとは

ManageEngineが提供するActive Directory ID管理ソフトである「ADManager Plus」は、Active Directoryアカウントの自動化を実現することが可能なID管理ソフトです。

ADManager Plusは、WebベースのGUIでActive Directoryのユーザー、コンピューター、ファイルサーバーを管理し、自動化、ワークフローなどを容易に実行できるActive Directory運用管理ソフトです。誰にでも操作しやすい画面で、適切なActive Directoryの権限割り当て、更新作業ができます。

承認フローをソフトウェア上で実現する「ワークフロー」機能や「自動化」機能など、Active Directoryにまつわる定型業務を効率化する豊富な機能で、管理者の運用負荷を軽減します。また、Microsoft 365アカウントなどの作成や管理にも対応し、IDの一元管理も実現します。

ID管理業務を効率化・自動化するソフトウェアをお探しの場合は、是非「ADManager Plus」の概要や機能詳細をご覧ください。

Active Directoryのアカウント管理を効率化

Active Directoryのアカウント管理を効率化