動作環境

Active Directory アカウント管理セルフサービスソフト

ハードウェア要件 

 最小要件推奨要件
CPU1.6 GHz 以上 / マルチコア2.13 GHz 以上 / マルチコア
メモリー1 GB
(仮想マシンの場合は1.5 GB)
4 GB
(仮想マシンの場合は8 GB)
ハードディスク4 GB10GB

※設定しているスケジュールレポートの数により異なります

オペレーティングシステム要件

OS64bit
Windows 8 (8.1)
Windows 10
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019

※クライアントOSは評価目的のみで利用可能です。本番環境にはサーバーOSをご利用ください。

Webブラウザー要件

ブラウザー名 
Microsoft Edge(Chromium版)
Firefox 40.0以上
Google Chrome 45.0以上

ポート要件

ポート番号プロトコルサービス
8888TCPHTTP
(ADSelfService Plus Webコンソール)
9251TCPHTTPS
(ADSelfService Plus Webコンソール)
25TCPSMTP
88TCP/UDPKerberos
135, 593TCPRPC
137, 138UDPNetLogon, NetBios
139TCPNetLogon, NetBios
53TCPDNS
2535, 67, 42UDPDHCP
389TCP/UDPLDAP
636TCPLDAP SSL
3268TCPLDAP GC
3269TCPLDAP GC SSL
445TCP/UDPNTLM
464TCP/UDPKerberos
1433TCPMSSQL
1434UDPMSSQL

データベース要件

データベース名 
PostgreSQL
(組み込みのデータベース)
MS SQL

注意事項

  • VMwareやHyper-Vなどの仮想化環境上でも、上記対応OS上であれば運用可能ですが、性能に関しては、必ず、評価版を利用して製品性能を十分に検証して、お客様の性能要件を満足するかどうか確認してください。
  • Webサーバー、データベースサーバーともに、日本語版または日本語がサポートされているMulti-Language版をご利用ください。
  • ADSelfService Plusをインストールするサーバーにおいて、アンチウィルスソフトなど別のツールによる定期的なバックアップやスキャンを実行している場合は、そのバックアップ/スキャン対象から、ADSelfService Plusのインストールディレクトリを除外してください。データの破損につながる場合があります。
  • ADSelfService Plusのインストールディレクトリには、すべて英語のフォルダー名をご利用ください(日本語のフォルダー名が含まれる場合、正しく動作しません)。
  • 導入前に、必ず、製品の評価版による検証をお願いします。