アプリケーションを自動で検出してマッピング

アプリケーションパフォーマンス管理

アプリケーションを自動で検出してマッピング

ADDMによるアプリケーション自動マッピング

依存関係を追跡するための従来の方法ではITインフラをスプレッドシードや大規模な監査などで把握していました。しかし、仮想化環境やクラウドの増加などにより、これらの方法を用いて依存関係を追跡するのが難しくなっています。現在、アプリケーションのマッピングは、複雑なIT環境を視覚化するための第一のステップです。

APMプラグインのアプリケーションのディスカバリーと依存関係のマッピングのための機能(ADDM)により、複雑なITインフラの完全のビューを描画でき、ドリルダウンして関係性を簡単に把握できます。

アプリケーション自動マッピングアプリケーション自動マッピング

リソースを素早くディスカバリー

APMプラグインにより、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション、サービス、データベースなどのすべてのリソースをディスカバリーできます。vCenterサーバーを利用して仮想化環境のすべてのリソースをディスカバリーできます。または、IPアドレスの範囲を指定して、その範囲のすべてのリソースをディスカバリーできます。定期的な再ディスカバリ―をスケジュール設定することにより、新しく追加されたリソースも含んだ最新の環境を監視できます。

ビジネスサービスの依存性をマッピング

ビジネスサービスのグループを作成し、ADDM機能により、ディスカバリーしたすべてのリソースを指定したグループに自動的に関連付けます。WebサービスからURLに至るまで、ディスカバーしたすべてのアプリケーションの統合的なビューを描画します。アプリケーションとインフストラクチャーの間の接続性や依存関係を表示できます。

アプリケーションのステータスを表示し、素早くトラブルシューティング

ビジネスビューにより、ITインフラ内の関連付けられたさまざまなコンポーネントのすべての接続性を表示できます。こうして、特定のアプリケーションと関連付けられているコンポーネントを表示でき、すべてのインフラストラクチャーを確認する語りに障害が発生した装置をすぐに特定できます。障害と診断した後、同様にトラブルシューティングできます。

CMDB連携で更新も簡単

IT環境にある基本的なコンポーネントとそれらの接続性を取得します。さらに、これらのコンポーネントを依存関係をServiceDesk PlusのCMDBに表示できます。これにより、ServiceDesk Plus上の設定アイテム(CI)となります。CMDB連携においてサービスマネジメントプロセスに正確なCIをマッピングすることにより、関係性のマップから、設定変更や計画したダウンタイムのインパクトを把握できます。CMDBはADDM機能により自動的に更新されます。ITインフラについて知る必要なあるすべてのことを1つの場所から確認できます。