Azure Service Bus監視

アプリケーションパフォーマンス管理

Azure Service Busとは?

Microsoft Azure Service Busは、クラウドベースのメッセージングサービスです。

マイクロサービスのように分割されたアプリケーションやサービス間での連携や、非同期のデータを可能にするプラットフォームです。

マイクロサービスはサービスを複数に分割して様々な仕組みを実装するため、アプリケーション全体の構成がわかりにくく複雑になる傾向があります。Microsoft Azure Service Busをメッセージングサービスとして実装しているビジネスアプリケーションも同様です。 アプリケーションの動作を正確に把握し、パフォーマンスの向上を目指すためには、Azure Service Busを適切に監視することが重要です。

Azure Service Busの管理ツール「Applications Manager」

ManageEngineが提供するアプリケーション性能管理(APM)ツールである「Applications Manager」は、Azure Service Busのパフォーマンスを可視化してアプリケーションの全体構造を明らかにするソフトウェアです。
Azure Service Busのエラーをいち早く検知して管理者にお知らせする他、プログラム実行やアプリケーションの再起動などの対応を自動化することが可能です。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

リクエストやメッセージを簡単に管理

Applications Managerでは、データや管理操作のリクエストの状況を一目でわかるグラフで可視化します。受信したリクエスト数を監視し、リクエストの数が少ない場合は、Microsoft Azure Service Busのアイドル状態と認識します。リクエスト数が非常に多い場合には、設定されたネームスペースレベルの範囲内であることを確認し、リクエストのスロットリングを回避します。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視

ビジネスアプリケーションで、クライアントからのメッセージを処理したり、サービスを提供したりする場合、メッセージの監視は必ず実施すべきポイントとなります。受信メッセージと送信メッセージを監視し、着信と発信のメッセージレートがほぼ同期しているか確認しましょう。そうでない場合は、リクエストがスロットルされている可能性があります。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視

リソースの使用状況の把握

アプリケーションがプレミアムレベルのAzure Service busサービスを使用している場合、ネームスペースごとにCPUとメモリーの使用率を監視できます。CPUやメモリーの使用量が急増した場合、現在のワークロードを減らしてリクエストのスロットルを回避します。各ネームスペースに割り当てるメッセージングユニットの数をスケールアップして、サービスバスに負担をかけないようにします。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視機能は、ネームスペースの使用状況を包括的に分析します。Azure Service Busのキュー監視機能を使用して、各ネームスペースのキューとトピックの数を可視化します。使用量が設定されたしきい値を超えたときには管理者にお知らせするほか、アプリケーションコンテナのパフォーマンスを自動で最適化可能です。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視

接続とエラー監視

Applications Managerでは開放済みの接続、未解放の接続、アクティブ接続等の接続の状態と、サーバーのエラーを監視します。接続数が多い場合は、リソースの使用量についても合わせて検証する必要があります。傾向分析を行い、アプリケーションが処理している負荷を分析します。
また、多くのユーザーエラーが発生した場合、Service Busを使用しているアプリケーションに問題が発生していないかどうかを分析する必要があります。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視

効率的なキューの管理

クライアントがメッセージを送信すると、そのメッセージはキューに格納されて処理されます。リクエストを効率的に管理するためには、キューの状態を把握することが重要です。Applications ManagerのMicrosoft Azure Service Bus監視では、キューのサイズが急増した場合などにお知らせします。

キューのデータをグラフィカルに可視化して、システム内のキューに関する全体像を把握できます。リソースの使用状況を想定の範囲内にコントロールし、リクエストのスロットリングを回避します。

Applications ManagerのAzure Service Bus監視
Applications ManagerのAzure Service Bus監視

また、トピックについても使用状況を監視可能です。トピックのサイズを監視し、空き容量が減った場合などにお知らするほか、自動で対処することも可能です。トピックのステータス、サブスクリプション数、アクティブメッセージ、デッドレターメッセージ、転送メッセージなどの情報も可視化します。

Applications Manager Azure Service Bus監視

Applications Manager Azure Service Bus監視 1/2

Applications Manager Azure Service Bus監視

Applications Manager Azure Service Bus監視 2/2

機械学習を搭載したレポートで将来のニーズを予測

すべての重要なAzure Service Busメトリクスの監視データ使用して、パフォーマンスの傾向を分析します。機械学習(マシンラーニング)を搭載したレポート分析により、最大3年先までの成長と利用傾向を予測します。

Applications Managerのマシンラーニングレポート

Azure Service Bus監視の詳細情報

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら