JVMパフォーマンスレポート機能によるJVMのパフォーマンスの監視および可視化

VMのパフォーマンスを監視する必要性は、Javaアプリケーションの構築と設計と同じくらい重要です。これは、複雑なエンタープライズアプリケーションはさまざまなAPIとコーディング方法を使用してアプリケーションを拡張するためです。Java仮想マシン(JVM)の円滑な実行を確実にするには、アプリケーションチームは、コマンドラインパラメータセットが適切であることを保証し、JVMのピークパフォーマンスを確保するために定期的に調整を行う必要があります。JVMの使用率を監視し、強力なJavaパフォーマンス監視ツールを用意する必要があります。

JVMのパフォーマンスの監視

ManageEngine Applications Managerは、Java仮想マシンのメモリーーヒープ、ヒープ以外のメモリー、監視・スレッドおよびその他の主要メトリクスを監視して、JVMのパフォーマンスが良好であることを確認します。

ManageEngine Applications Managerは、パフォーマンスが低下している時間帯や、さまざまなコマンドラインパラメータやガベージコレクションアルゴリズムがJavaアプリケーションのパフォーマンスに与える影響を可視化するための統計レポートなど、さまざまなレポート機能を提供します。

関連するJavaアプリケーションの監視

ManageEngine Applications Managerのレポート機能では、スループットコレクター、incremental low pause collector、Concurrent Low Pause Collectorなど、どの種類のGCアルゴリズムが最適なのかを自分で決めることもできます。JMX MBeanの操作を実行する機能は、本番環境で自動的に修正アクションを実行するのに役立ちます。

JVMメモリーおよびJVMヒープメモリーの監視

ManageEngine Applications Managerは、JVMヒープと非ヒープメモリーを監視するのに役立ちます。しきい値を設定し、電子メール、SMSなどでアラートを表示して、Javaアプリケーションがうまく調整されていることを確認することもできます。

jvmのパフォーマンスを監視する jvmのパフォーマンスを監視する

JVMパフォーマンスレポートまたはJVMパフォーマンスの監視

ManageEngine Applications Managerには、アプリケーションチームが教育上の意思決定を下すのに役立つレポート機能もあります。パフォーマンスデータはアーカイブされ、直感的な画面で表示されます。これにより、運用チームはJava仮想マシンが正しく構成できるようになります。また、構成管理チームが構成の変更がJVMのパフォーマンスに及ぼす影響を監視するのにも役立ちます

jvmのパフォーマンスレポート jvmのパフォーマンスレポート

JVMのパフォーマンスを監視したり、Javaアプリケーションを管理するには、今すぐManageEngine Applications Managerをダウンロードするか、Java Runtime監視について学びましょう。