IBM WebSphereのパフォーマンス・メモリー使用量監視ツール

アプリケーションパフォーマンス監視

WebSphere 管理を適切にコントロール

IBM社のWebSphere は、主要なJ2EEアプリケーションサーバーの一つです。Applications Managerは、WebSphere のパフォーマンス、可用性、およびリソースを監視し、適切な管理を支援します。

WebSphere パフォーマンス監視、WebSphere リソース監視をサポート

Websphere 監視画面[Websphere 監視画面]

WebSphere 監視機能は、包括的な障害管理とプロアクティブなアラート通知、危惧される問題の情報提供、自動的なアクションの実行、および計画、解析、レポートに使用するパフォーマンスデータの収集を含みます。

サポートする WebSphere のバージョン

  • WebSphere 5.x, 6.x, 7.x

監視対象の WebSphere の要素

  • JVM メモリー使用量
  • サーバー応答時間
  • CPU 使用率
  • 全Web アプリケーションのメトリクス
  • ユーザーセッション数と詳細
  • EJB(=Enterprise JavaBeans)
  • スレッドプール数
  • JDBC(=Java Database Connectivity) プール数
  • カスタムアプリケーション MBeans (JMX) 属性

WebSphere 管理機能

  • WebSphere サーバーのパフォーマンスと可用性を管理します。モジュールの追加は必要ありません。問題なく稼動しているか、リクエストを実行しているかを確認します。
  • ネットワーク・デプロイメント・モードでの WebSphere 監視が提供されます。
  • データベース接続プール、JVM メモリー使用量、ユーザーセッション数など、パフォーマンスの統計データを監視します。要素に対し、アラートを設定できます。
  • 設定されたしきい値に基づき、通知、およびアラートを生成し、自動的にアクションを実行します。
  • 素早くパフォーマンスのグラフとレポートを生成します。レポートのグループ化や、グループのカスタマイズ、また期間を指定したグラフの生成にも対応しています。