仮想サーバー環境の障害対応。真の原因を調査するには?

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

株式会社ピー・ビーシステムズ

ホワイトペーパー

仮想サーバー環境の障害対応。真の原因を調査するには?

解決できる課題

「原因がはっきりしないシステム障害」に見舞われることが増えてはいないだろうか。例えば、「業務アプリの画面遷移が遅くなった」「ログインに時間がかかるようになった」「バッチ処理が終わらなくなった」などだ。従来、こうしたパフォーマンスのボトルネックの発生原因は、ハードウェアの故障であったり、アプリケーションに内在するバグであったりすることが多かった。だが最近では、こうした現象に遭遇しても「どこに原因があるのか調査できず、対応できない」というユーザー企業が増えている。

問題事例

インターコネクトスイッチやiSCSIのように、「トラフィックが集中しがちな個所でありながら、物理ネットワークの監視ツールや、仮想化ソフトの監視ツールなどでは見つけられない個所」がボトルネックになるパターン。
「ハイパーバイザーの監視ツールから見える部分については、そもそもキャパシティプランニングがきちんと行われていたり、サーバー管理者が監視していたりしています。注意すべきは、そうした監視ツールでは状況を把握できない“目に見えない部分”です。具体的には、トップオブラックスイッチやコアスイッチなど、物理ネットワークの接合点、ラックを横断する個所がポイントになります」

詳しい資料をダウンロードする

※記載されている内容は取材当時のものであり、一部現状とは異なることがありますが、ご了承ください。

提案企業紹介

会社名株式会社ピー・ビーシステムズ
所在地〒812-0007 福岡県福岡市博多区東比恵3丁目3-24
代表冨田和久(代表取締役社長兼CEO)
設立1997年2月
URLhttp://www.pbsystems.co.jp/
事業内容仮想化システム構築

※記載されている内容は取材当時のものであり、一部現状とは異なることがありますが、ご了承ください。