比較レポート機能|NetFlow Analyzer - ManageEngine

比較レポート機能

ManageEngineのフロ―コレクタ―「NetFlow Analyzer」では、指定した時間において複数の機器に関するトラフィック情報を比較したり、指定した機器において複数の時間帯のトラフィック情報を比較したりできる「比較レポート機能」を提供しています。

同一時間帯で複数のネットワーク機器に関するトラフィック情報を比較したり、同一のネットワーク機器で複数の時間帯のトラフィック情報を比較することで、トラフィック利用状況の傾向を把握することができます。

例えば、同一時間帯で通過するトラフィック量が多いネットワーク機器と少ないネットワーク機器がある場合、その時間帯でトラフィックが片方のネットワーク機器に集中している可能性があります。

この場合は、トラフィック量が分散されるようにネットワークの設定を変更することで、一部のネットワーク機器に負荷が偏ることを抑制し、輻輳による遅延などの障害を防止できます。

比較レポートの設定画面

比較レポートの設定画面は、どなたでも操作しやすいように、選択式で任意の条件を選択することでレポートを作成できる仕様になっています。

compare-reports比較レポートの設定画面
レポートタイプ「同じ期間で複数装置を比較」
「異なる期間で同じ装置を比較」から選択します
表示粒度レポート化するデータの間隔を、1分/5分/15分から選択します
レポートオプションどのデータをレポート化するか選択します
期間選択レポート化するデータの期間を選択します。カスタマイズで、任意の期間を選択することも可能です
装置選択どの装置のデータをレポート化するか選択します
業務時間フィルター業務時間外のデータをレポートに含むかを選択します
週末の除外週末のデータをレポートに含めるかを選択します

レポート画面

上記の設定画面にて必要な情報を選択後、「レポート生成」のボタンをクリックすることで、以下のようなレポートが出力されます。

compare-reports異なる装置の同一時間による比較レポート

トラフィック監視で内訳を把握!ツールの詳細はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

メール送付やPDF出力にも対応

統合レポートを始めとしたManageEngine NetFlow Analyzerのレポート機能では、生成したレポートを任意のメールアドレスへ送付することができます。

また、PDFやCSVへの出力にも対応しています。

定期的に決まったレポートを決まった宛先へ送る場合は、レポートのスケジュール機能を使い、レポート生成からメールでの送付までを自動化することも可能です。