Cisco NBAR 監視機能

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

Cisco NBAR 監視機能

NetFlow Analyzerでは、Cisco機器のOSであるIOSに搭載されているCisco NBARという機能を活用し、クラウドサービスなどのL7アプリケーションを利用したトラフィックデータを可視化することができます。
YouTubeやFacebookといったクラウドサービスのトラフィックについて、「いつ・誰が・どれだけ」クラウドサービスを利用したトラフィックを発生させていたか、という可視化をGUI上のマウス操作のみで可視化することができます。

Cisco NBARの監視画面

cisco-nbar-monitoring-screen

この画面では、特定のインターフェースを流れるトラフィックに関して、L7アプリケーションを利用したトラフィックに限定した監視画面です。画面上部では、アプリケーション別のトラフィック量がグラフ表示されます。画面下部では、アプリケーション別のトラフィック量がランキング形式で表示されます。
こちらの画面で特定のアプリケーションをクリックすることで、そのアプリケーションを利用したトラフィックに特化した可視化画面へ遷移します。

cisco-nbar-monitoring-2

こちらの画面では、特定のアプリケーションのトラフィックに特化したデータを確認することができます。以下のデータを参照することができます。

  • 送信元IPアドレス
  • 宛先IPアドレス
  • アプリケーション
  • プロトコル
  • ポート番号
  • 宛先ポート
  • DSCP
  • トラフィック量

トラフィック監視で内訳を把握!ツールの詳細はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

関連ページ