フォレンジクスレポート機能

フォレンジクスレポート機能

ManageEngineのフロ―コレクタ―「NetFlow Analyzer」では、トラフィックに関するローデータから詳細なレポートを作成できる「フォレンジクスレポート機能」を提供しています。フォレンジクスレポート機能により、過去に遡って詳細なトラフィック可視化が、レポート上で可能になります。

フォレンジクスレポートで行うトラフィック可視化はツール上でも可能ですが、レポート化した上で会議で使用できたりと、顧客向けの打ち合わせの際などに有効です。

また、NetFlow Analyzerではローデータを保持できる期間が短いため、フォレンジクスポートの形でデータを残して置くことも可能です。

フォレンジクスレポートの設定画面

フォレンジクスレポートの設定画面は、どなたでも操作しやすいように、選択式で任意の条件を選択することでレポートを作成できる仕様になっています。

function-forensicsフォレンジクスレポートの設定画面

各選択項目では、以下の情報を入力していきます。

装置タイプどの種類の装置に関するデータをレポート化するか選択します
装置選択装置タイプで選択した対象の中で、レポート化する具体的な装置を指定します
インターフェース選択選択した装置の中で、どのインターフェースに関するデータをレポート化するか選択します
条件定義どのような条件で、対象からデータをレポート化するか選択します。IPアドレスやアプリケーション、ポートなどから選択します
From/Toレポート化するデータの期間を指定します

レポート画面

上記の設定画面にて必要な情報を選択後、「レポート生成」のボタンをクリックすることで、以下のようなレポートが出力されます。

function-forensicsアプリケーション毎の通信省
function-forensics送信元IPアドレス毎の通信量

上部のタブを切り替えることで、トラフィックを可視化する視点を切り替えることができます。

トラフィック監視で内訳を把握!ツールの詳細はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

メール送付やPDF出力にも対応

統合レポートを始めとしたManageEngine NetFlow Analyzerのレポート機能では、生成したレポートを任意のメールアドレスへ送付することができます。

また、PDFやCSVへの出力にも対応しています。

定期的に決まったレポートを決まった宛先へ送る場合は、レポートのスケジュール機能を使い、レポート生成からメールでの送付までを自動化することも可能です。