"NetFlow はリアルタイムの使用率統計を提供することで、企業内のアプリケーションネットワークに必要なことと、帯域使用率を理解する業務を簡単にしてくれました。このことは、キャパシティプランニングと必要な方策の実施に役立っています。アプリケーションに適していて、非常にユーザーフレンドリーであり、日常的にネットワークに負担のかからない技術です。"

Milan Modi、ME エリア通信エンジニア、DHL

Google マップを活用することで、ネットワークデバイス(ルーター/スイッチ)の地図上の位置を特定することができます。これにより、ネットワーク管理者はネットワークの配分に関する洞察を得ることができます。さらに重要なのは、リソース固有の情報を、よりすばやく簡単に絞り込めることです。異なるロケーションに存在する2つのネットワークデバイス間のトラフィックは、リンクの形で表示されます。リンクを絞り込むことで、特定のネットワークデバイスに関するネットワーク固有の詳細を把握することができます。

ManageEngine NetFlow Analyzer に搭載されたこの新機能は、ネットワーク帯域の監視とトラフィックの分析を大幅に簡略化します。この機能では、すべてのデバイスとロケーションの詳細が図で表示されます。ネットワーク帯域の問題を、Google マップで特定して、それを修正するための適切な操作を行うことができます。

NetFlow Analyzer で監視されるデバイスは、Google マップで表示するようにユーザー側でカスタマイズすることができます。監視対象の各デバイスのロケーションが表示され、ロケーションの詳細を編集することができます。ネットワークデバイスのうちの1つをスタートノードとし、他のデバイスをエンドノードにする必要があります。選択されたノード/デバイスのインターフェイスのうちいずれかを選択して、"リンク"を確立する必要があります。このインターフェイスは"リンクインターフェイス"と呼ばれます。アクティブリンクは緑色で表示され、アクティブでないリンクはオレンジ色で表示されます。リンクをクリックすると、"リンクインターフェイス"に関連するトラフィックの詳細が取得されます。ネットワーク内の問題を Google マップで見ることができるため、簡単にトラブルシューティングすることができます。

Google マップのレポート

シナリオ

ある企業が、アメリカ合衆国に本拠地を置き、イギリス、インド、中国に支部を置いているとします。それぞれのオフィスには、デバイス(ルーター/スイッチ)が設置されています。この企業は、新しい地域へと進出し、設置されるデバイスの数も増加しました。そのため、ネットワーク管理者がデバイスの名前とそれぞれのロケーションをトラッキングし続けるのが困難になったのです。彼は、Google マップ上でネットワークデバイスを視覚的に表示し、通常のトラフィック分析と帯域監視を行うことのできる ManageEngine NetFlow Analyzer を試してみました。NetFlow Analyzer を使って、ネットワーク管理者はリスト化されたすべてのデバイス(ルーター/スイッチ)にロケーションを割り当てます。これらのロケーションはすべて Google マップに表示されます。デバイスリストでデバイスを選択すると、"リンク"が作成されます。デバイスのうちの1つはスタートノード、もう1つはエンドノードです。デバイスのうちの1つのインターフェイスが"リンクインターフェイス"になります。リンクをクリックすると、"リンクインターフェイス"の詳細が表示されます。詳細には次の情報が含まれます:

  • リンク名
  • インターフェイス名
  • ステータス
  • イン速度およびアウト速度
  • イントラフィックおよびアウトトラフィックの詳細。

これらの"リンク"は、ステータスに応じて、緑色、オレンジ色、灰色の線として表示されます。この新機能は、すべてのデバイスを1つの画面で表示し、ボタンをクリックするだけで任意の2つのデバイス間のトラフィックの詳細を得ることができるため、ネットワーク管理者がより簡単にネットワークを監視するのに役立ちます。

ダウンロード | オンラインデモ| 製品概要動画

NetFlow Analyzer は、NetFlow、sFlow、JFLow (およびその他) を収集し、分析する一体型のエンジンです。NetFlow Analyzer は、(Windows と Linux 用の)ソフトウェアであり、ハードウェアプローブを必要としないため、ダウンロードし、お客様の環境で使用して、30日間お試しいただくことができます。次の便利なリンクから、NetFlow Analyzer がネットワークトラフィックと帯域使用率を理解するのにいかに役立つかということを詳細にご覧いただけます。