利用帯域の課金データ

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

NetFlow による請求- 企業ネットワークの帯域使用率の計測。

どんなものであれ、コントロールするためにまず必要なのは計測することです。帯域も同じです。帯域使用率をコントロールしたければ、帯域使用率を計測する方法が必要です。NetFlow Analyzer は、サービスプロバイダーが提示した帯域使用率をクロスチェックできるようにすることで、企業の帯域使用率の計測に役立ちます。IP グルーピングとインターフェイスグルーピングは、帯域監視と会計を簡単にするための仮想部署の作成に役立ちます。

帯域使用率の計測とより良い請求プランの需要は増加の一途をたどっており、請求プランと請求生成サイクルに関してフレキシブルである必要があります。一般化はなくなり、カスタマイゼーションが生まれました。フレキシブルになるには、フレキシブルになるためのソフトウェアが必要です。

ボリュームベースの請求も可能です

シナリオ:

サービスプロバイダーは、リンク/インターフェイスの帯域使用率に応じて顧客に請求する必要があります。また、請求プランは、各顧客の要望に応じてカスタマイズする必要があります。それに加えて、サービスプロバイダーは生成された請求を送信するのに多大な時間を要します。

このような場合、NetFlow Analyzer の使用率/容量ベースの請求が役に立ちます。ManageEngine NetFlow Analyzer を使用することで、必要に応じて様々なリンク/インターフェイスを関連付けることで、任意の数の請求プランを作成することができるのです。請求が定期的に生成されて顧客に送信されるようにスケジュール設定することができます。

請求プランで過去に生成された請求を表示することもできます。トラフィックパターンを示すグラフは、トラフィックに異常が発生した時間帯を絞り込むのに便利です。

また、使用率/容量ベースの請求も、部署ごとに特定 IP グループの帯域使用率を計測する必要のある大企業にとって便利です。部署ごとの請求は、帯域使用率に基づいて行われます。大企業は IP グループを使用して部署を形成し、プロジェクトとクライアントに応じてこれらの IP グループを特定の請求プランに関連付けることができます。請求は定期的に生成され、会計と返金のために使用することができます。

ダウンロード|インタラクティブデモ|製品概要動画

NetFlow Analyzer は、NetFlow、sFlow、JFLow (およびその他) を収集し、分析する一体型のエンジンです。NetFlow Analyzer は、ハードウェアプローブを必要としないため、ダウンロードし、お客様の環境で使用して、30日間お試しいただくことができます。次の便利なリンクから、NetFlow Analyzer がネットワークトラフィックと帯域使用率を理解するのにいかに役立つかということを詳細にご覧いただけます。