VoIP 監視機能|NetFlow Analyzer - ManageEngine

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

VoIP監視機能

ManageEngineのフローコレクタ―「NetFlow Analyzer」では、VoIP監視機能を提供しています。VoIP監視機能では、Cisco IPSLAを活用し、VoIPを利用した通信についてジッター、レイテンシー、パケットロス、MOS をリアルタイムで監視します。

ManageEngine NetFlow AnlayzerによるVoIP監視イメージ

NetFlow AnalyzerのVoIP監視機能は、以下のフローでCisco IPSLAを活用し、VoIP通信を監視します。

 

ツールについて詳しく知りたいという方はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

上位のコールパスのダッシュボード:

上位のコールパスウィジェットは、ロケーションと宛先ごとのジッター、レイテンシー、パケットロスの詳細を表示します。これは、VoIP ネットワークにおける正しくないコールパスの詳細をリスト化し、ジッター、レイテンシー、MOS、パケットロスごとの上位のコールパスを分類します。

VoIP 監視の概要

このリストは、VoIP ネットワークに存在する様々なパスごとの、パス、MOS、RTT、レイテンシ、ジッター、パケットロスの詳細を表示します。これらの値は各ポールで更新されます。また、可用性と次のポール時刻も表示されます。

最小/最大 MOS 履歴グラフ

MOS(平均オピニオン評点)履歴グラフは、時間ごとの最小/最大ジッター値を表示して、コールの質を5段階で示します。このグラフは、選択したパスにおけるコールの質の統計を把握するのに役立ちます。

VoIP 可用性グラフ

可用性グラフは、一定時間内の可用性のステータスと、ポールされたデータの非接続性を表示します。

VoIP ポジティブおよびネガティブジッターグラフ

送信元から宛先への各パスのジッターをリアルタイムで監視することで、ジッターグラフの急激なスパイクを絞り込むことができます。

VoIP ラウンドトリップタイム履歴グラフ

最小、最大、平均 RTT を監視し、通信の遅延をチェックして、音声の質の低下をトラブルシューティングします。

VoIP パケットロスのグラフ

パケットロスを監視して、どの程度のパケットが低下しているかということや、それがコール接続の質にどのように影響するかを把握します。

VoIP エラーの統計グラフ

パケット到達の遅延、MIA、一定時間内の順番の錯誤を監視して、正しくない通信接続を検知します。

シナリオ

アメリカ合衆国に拠点をおくある会社では、最近、PSTN から VoIP ベースの技術に移行しました。ネットワーク管理者は音声通信に関する多くの苦情を受けてきました。従業員は音声通信の質の低下に不満を持っています。質の低下は、通信障害や発音の効果という形で直接影響が現れます。ネットワークマネージャーは、問題の根本となる部分を突き止めることができませんでした。そこで彼は、VoIP 監視機能のある ManageEngine NetFlow Analyzer を試してはどうかという助言を受けます。ネットワーク管理者は、ManageEngine NetFlow Analyzer をインストールし、帯域を監視して、音声通信の質が低下した原因を特定しました。監視ツールは、Cisco の IPSLA を使用して VoIP を監視しています。VoIP 監視により、ジッター、レイテンシー、パケットロス、MOS のデータを表示することができるようになりました。ネットワーク管理者は、ManageEngine NetFlow Analyzer の VoIP 監視を使用して、ロケーションごとの上位のコールパフォーマンスを表示します。上位のコールパスをクリックすると、コールパスの詳細と閾値の詳細が表示されます。また、当該コールパスの MOS、ジッター、レイテンシー、パケットロス、ラウンドトリップタイムをグラフとして閲覧することもできます。ネットワークは、様々な時間間隔で監視され、データが収集されます。これらのデータは、ネットワークのパフォーマンスを評価して、トラブルシューティングするために使用されます。

ツールについて詳しく知りたいという方はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

※ VoIP のレポート生成は、アドオンとして利用可能です。30日間のトライアル期間中にも使用できますが、その期間が過ぎた後は、別途ライセンスをVoIPアドオンに適用する必要があります。