ネットワーク機器のコンフィグ変更監査、操作履歴管理、レポート機能

ネットワーク機器コンフィグ管理

コンフィグレーションに変更が生じた際の通知機能

管理対象のネットワーク機器のコンフィグレーションに変更があった際に、OpManagerといったネットワークマネージメントサーバーへのSNMP Trap通知やネットワーク管理者へメール通知を行うことができます。 この機能により、管理者はネットワーク内の状態にいち早く気づくことができます。

登録された機器のハードウェア情報レポート機能

スイッチやルーター、ファイアウォールといった機器の型番、搭載されているOSバージョン、ハードウェアのシリアル番号をレポート出力できます。 これらの情報は、データベースへ格納されますので、資産管理やハードウェアの情報を収集する際にとても有益です。 ※ 通常は、OSバージョン、シリアル番号、MAC Address等、機器管理に必要な情報を表示しますが、取得可能な項目については、ベンダーおよび機器モデルにより異なります。

Network Configuration Manager ハードウェア情報画面ハードウェア情報(装置単位)

 

Network Configuration Manager ハードウェアインベントリレポートハードウェアインベントリレポート

Running-ConfigとStartup-Configとの不一致レポート

コンフィグレーション変更時、設定内容は揮発性メモリー上に存在するため、設定した内容を同期しない状態で機器の再起動を行った場合、設定したコンフィグレーションが消えてしまいます。 この機能では、コンフィグレーションを不揮発性メモリーに保存したかどうかをレポートし、不要な出戻りを未然に防ぐことができます。

Network Configuration Manager 不一致レポートRunning-ConfigとStartup-Configとの不一致レポート