Office 365のレポートをツールで出力

Office 365 総合管理ソフト

現在の活動から将来を予測することは、決して容易ではありません。最適な業務環境を確保するためには、ユーザーの活動を注視し続けることが必要です。多くの組織はクラウド環境に移行していますが、Office 365は最もニーズに即したなソリューションとなります。Office 365を展開する際は、Office 365の使われ方を把握したり、安全な利用の確保をしたりするために十分な情報が必要です。

けれどもOffice 365のセキュリティ担当者は、Office 365の従来のレポートでは不十分であると感じているかもしれません。この課題を解決するためにOffice 365の包括的なレポートツールであるManageEngine O365 Manager Plusが役立ちます。

O365 Manager Plusでは、データを詳細に掘り下げてOffice 365を深く理解できる情報を提供します。レポートから非常に細かい情報を確認でき、十分な情報を提供することであなたの素早い意思決定を支えます。

O365 Manager Plusレポート機能

O365 Manager PlusのOffice 365レポートには次の種類があります:

Exchange Onlineレポート

O365 Manager PlusのExchange Onlineレポートを使えば、Exchange Onlineの安定した環境を維持できます。ライセンスを使用する非アクティブメールボックス、メールトラフィック、上位メール送信者および受信者、共有メールボックス、パブリックフォルダーなどについての情報を確認できます。

こんな疑問にお答えします:

ユーザーのメールボックスへのアクセス権を確認し、
メールボックスへの異常なアクセスを検知できますか?

[ユーザーメールボックスのセキュリティ]レポートと[共有メールボックスのセキュリティ]レポートは、メールボックスと共有メールボックスが、どのユーザーがアクセス可能か等といった、詳細情報を提供します。[非所有者のメールボックスアクセス]レポートは所有者がいないメールボックスへのアクセス情報を提供し、セキュリティに反するアクセスの検知を可能とします。このレポートは誰が、どのメールボックスに、いつアクセスしたか、等の情報を提供します。

 
誰がOutlook Web Access(OWA)を通してExchangeにアクセスしたか、
どのデバイスからアクセスしたか確認したい!

O365 Manager PlusはユーザーのOutlook Web Accessログオンレポートを提供し、 Outlook Web Accessを通してExchange Onlineにアクセスしたユーザーを確認できます。使用されたブラウザ別のOutlook Web Accessログオン情報とOS別のOutlook Web Accessログオン情報を確認できます。

ログオンに使用されたデバイスは[モバイルデバイス]レポートと[OS別のモバイルデバイス]レポートを利用して確認できます。

 
組織の上位メール送信者と受信者を確認し、マルウェアやスパムの受信を検知できますか?

O365 Manager Plusは[上位送信者]レポート、[上位受信者]レポート、[上位マルウェア受信者]レポート、[上位スパム受信者]レポートを提供し、すべてのデータ収集をワンクリックで行えます。これらのレポートにより、Exchange Onlineを導入直後のような整然とした状態を保ちます

 
ユーザー毎にメールボックス使用量を追跡したい!

[メールボックスサイズ]レポートにより、組織内のメールボックスの詳細情報とそのサイズを参照できます。また[メールボックスサイズ制限]レポートにより、各メールボックスの送信および受信メールボックスの割り当て量を確認できます。メールボックスサイズと割り当て量のレポートにより、各メールボックスの使用量と割り当て量を比較できます。

 

その他のOffice 365 Exchange Onlineに関するレポートの一部:

  • 非アクティブなExchangeユーザーレポート
  • 一度もログオンしていないExchangeユーザーレポート
  • メールトラフィックの概要レポート
  • Exchange Onlineメールボックスコンテンツレポート
  • パブリックフォルダレポート
  • 共有メールボックスレポート
  • ソフト削除されたメールボックスレポート
  • メールボックス機能レポート
  • 最近作成されたメールボックスレポート
  • 無効なExchangeユーザーレポート
  • 件名別メッセージレポート
  • メールボックス保持ポリシーの詳細レポート
  • 保留中のメールボックスレポート
  • 訴訟ホールドアクティビティレポート
  • メールボックスの監査レポート
  • Exchange管理者のアクティビティレポート
  • メールトラフィック概要レポート

Azure ADレポート

Azure ADユーザー、配布リスト、セキュリティグループ、およびライセンスの状態と情報をAzure ADレポートから確認できます。ユーザーのパスワードステータスの確認もできます。

こんな疑問にお答えします:

期限切れのパスワードユーザーと期限切れが近いパスワードを持つユーザーを確認したい!

[パスワード期限切れユーザー]と[もうすぐ有効期限が切れるパスワード]のレポートにより、対応が必要なユーザーを即座に見つけ、整然とした業務環境を保ちます。[失効しないパスワード]レポートを利用すると、これまでパスワードの期限が切れたことがないユーザーを確認できます。

 
Office 365のライセンスの割当先を確認できますか?

Office 365 はライセンス数に応じて課金が行われるため、効率的なライセンス管理が必須です。管理を怠るとライセンス数が増加し、事業コストの増加を意味するからです。[サービス別ライセンス]レポートから、Office 365のライセンスが割り当てられたユーザーを確認できます。レポートからユーザーの利用状況を調べることで、ユーザーにライセンスを割り当てるべきか削除すべきか判断できます。

 

他のOffice 365 のAzure ADに関するレポートの一部:

  • すべてのユーザーレポート
  • 配布グループレポート
  • セキュリティグループレポート
  • 所有者なしのユーザーレポート
  • すべてのマネージャーレポート
  • 最近作成されたユーザーレポート
  • 最近変更されたユーザーレポート
  • 最近削除されたユーザーレポート
  • Azureロックされたユーザーレポート
  • パスワードが変更されたユーザーレポート
  • パスワードが未変更のユーザーレポート
  • 多要素認証ステータスレポート
  • ユーザーログオンアクティビティレポート
  • 最近のログオン失敗レポート
  • 最近のログオン成功レポート

Skype for Businessレポート

O365 Manager Plusは充実した定義済みレポートを提供し、Skype for Businessの効果的な管理に役立ちます。Skype for Businessのアクティブユーザー、使用した機能、参加した会議およびピアツーピア(P2P)セッション、Skype for Businessへのアクセスに使用デバイスなどに関する情報を確認可能です。レポートは非常に詳細であり、Skype for Businessへの不要なアクセスやアクティビティの検知を容易にします。

こんな疑問にお答えします:

Skype for Businessでのユーザーアクティビティはどのように監視するのですか?

O365 Manager Plusは詳細データの確認に役立つユーザーアクティビティレポート一式を提供します。

本カテゴリーで提供されるレポートには以下が含まれます:

  • ユーザーによるP2Pセッションレポート
  • ユーザーによる組織会議レポート
  • ユーザーによる参加会議レポート
  • ユーザーによるPSTN使用レポート
  • ユーザーによるSkypeメッセージレポート
  • ユーザーによるSkypeファイル送信レポート
  • Skype最終ログオンレポート
  • Skype最終アクティビティレポート
使用機能別にアクティブユーザーを確認できますか?

Skype for Businessのアクティブユーザー用のレポートが役立ちます。このレポートは日次ベースでアクティブユーザー数を提供します。Skype for Businessで使用した機能別に、アクティブユーザー数の内訳も表示します。これらの情報により、組織内のSkype for Businessの使用パターンを把握できます。

 

他のOffice 365 のSkype for Businessに関するレポートの一部:

  • クライアントデバイスレポート
  • ユーザーによるクライアントデバイスレポート
  • ピアツーピア(P2P)セッションレポート
  • 会議レポート
  • 会議時間レポート
  • PSTN使用レポート
  • PSTN会議時間レポート
  • Skypeブロック済みユーザーレポート

OneDrive for Businessレポート

OneDrive for Businessには重要な資産が保管されており、ファイルやフォルダーのセキュリティ要件を継続的に監査する必要があります。ユーザーアクティビティを完璧に監査追跡し、作業の実行者・内容・時期を詳しく表示できます。これによりOneDrive for Businessのファイルの統合性を管理できます。

  • OneDriveファイルアクセスレポート
  • OneDriveファイル修正レポート
  • OneDriveファイル名変更レポート
  • OneDriveファイル移動レポート
  • OneDriveファイル運用レポート
  • OneDriveアップロードレポート
  • OneDriveダウンロードレポート
  • OneDrive削除済みファイルレポート
  • OneDriveイベントログレポート

Yammerレポート

YammerはOffice 365のエンタープライズ向けソーシャルネットワークプラットフォームであり、組織の内外でのユーザー間コミュニケーションを実現します。プラットフォームで共有および通信される内容の監視はデータセキュリティの確保に必須です。

O365 Manager Plusは以下のレポートにより、プラットフォームで生じるアクティビティの監査と監視を支えます:

  • 毎日のYammerユーザーアクティビティレポート
  • 毎日のYammerアクティブグループ数レポート
  • 毎日のYammerグループアクティビティレポート
  • デバイスタイプによるYammerユーザー数レポート
  • Yammer一般レポート
  • Yammerイベントログレポート
  • Yammer作成済みグループレポート
  • Yammer削除済みグループレポート
  • Yammer削除済みメッセージレポート
  • Yammer作成済みファイルレポート
  • Yammerダウンロード済みファイルレポート
  • Yammer共有ファイルレポート
  • Yammer更新済みファイル概要レポート
  • Yammer名前変更済みファイルレポート
  • Yammer表示済みファイルレポート

セキュリティとコンプライアンス・レポート

さまざまな業界の法的規則に則し、ITコンプライアンス要件を満たすことは組織活動において必須事項です。O365 Manager Plusが提供するレポートは、そのような要件への確実な準拠を支援します。

O365 Manager Plusのコンプライアンスレポートは次の業界の法令順守に役立ちます:

  • PCI-DSS
  • J-SOX
  • HIPAA
  • FISMA
  • GLBA
  • ISO

O365 Manager Plusはコンプライアンスレポート専用の項目を備えています。それぞれの法的規則に基づいたコンプライアンス要件の確認に役立つレポートが集約され、コンプライアンス管理を容易にします。

セキュリティレポートはOffice 365のセキュリティ要件を継続的に確認可能とします。

こんな疑問にお答えします:

管理者のアクティビティを追跡できますか?

O365 Manager Plusは管理者のアクティビティ用レポートを提供し、管理者アクティビティを詳しく追跡できます。

セキュリティレポートのカテゴリーには、ユーザーセキュリティレポート、メールボックスセキュリティレポート、ユーザーアクティビティレポートも含まれます。

その他のセキュリティとコンプライアンス・レポート一覧:

  • ユーザーメールボックスセキュリティレポート
  • メールボックス保持ポリシーレポート
  • メールボックス保留レポート
  • メールボックス監査レポート
  • 管理者ロールレポート
  • ユーザー管理者設定レポート
  • 最終パスワード変更レポート
  • 非所有者メールボックスアクセスレポート
  • 非所有者Send Asアクティビティレポート
  • メールボックスログインアクティビティレポート

 

O365 Manager Plusの機能

埋め込み可能なダッシュボード:O365 Manager Plusのダッシュボードはカスタマイズ可能であり、利用に応じてレポートの追加が可能です。メールトラフィック概要、上位メール送信者および受信者、クライアントデバイスの使用状況などを簡単に確認できます。ダッシュボードをどんなWebページにも埋め込んで、常時監視できます。

スケジュールレポート:レポートをスケジュール化して、手動による作成の負担を低減できます。作成したレポートは管理者に送付することも、フォルダに保管しておくこともできます。

エクスポート:レポートはPDF、XLS、HTML、またはCSV形式でエクスポートして管理者にメールで送信できます。

安全な委任:Office 365管理者センターへのアクセス権を与えずに、技術者やIT担当者にレポート作成作業を安全に委任できます。