Password Manager Pro 関連セミナー

特権ID管理ソフト

特権ID管理セミナー

AWSやAzureにシステムを移行する際の、特権ID管理の考え方

クラウド移行の動きが加速

近年、AWS、Azureなどクラウド環境の利用が加速しています。システム管理コストや運用負担を大幅に削減できるため、オンプレからのクラウド移行は今後も活発化してくでしょう。

クラウド移行で検討すべき特権ID管理とは?

クラウド移行をする前に、注意する必要があるのが特権ID管理です。特権IDとは、システム管理者がシステムメンテナンスを行う際に使われる特別な権限を付与された重要なアカウントです。クラウドにおいては、この特権IDへのアクセスもインターネットを通して行われ、世界中どこからでもアクセスできてしまいます。オンプレミス環境では、データセンターや管理用端末など物理的な対策が可能でしたが、クラウドにおける特権ID管理はさらに難しい課題があります。

クラウド環境における特権ID管理とは、具体的に何をするべきなのか?

では、クラウド環境における特権IDを適切に管理するにはどうしたらよいのでしょうか。具体的には、承認に基づいた特権IDの使用・アクセス権の管理・パスワード変更作業・ログの記録など、誰がどのように特権IDを使用できるのか、使用したかを明確にする必要があります。企業による情報漏洩事件が相次ぐ中、セキュリティリスクの高い特権IDの管理は、ガバナンス・セキュリティ強化において重要な課題です。

内部不正防止ガイドラインに見る、特権ID管理の具体的な実施項目を解説

本セミナーでは、IPA 独立行政法人 情報処理推進機構が作成した「組織における内部不正防止ガイドライン」から、特権ID管理に必要な要件を抽出し、それらについて何をすべきなのかを解説します。

【セミナー後の個別相談会について】

セミナー終了後、参加&途中退出が自由の個別相談会を実施しております。自社の要件も踏まえた上で、詳細なご相談をされたい方や、ツールについて個別のご質問がある方は、Webフォームよりお気軽にお申込みください。

セミナー名【特権ID管理セミナー】
AWSやAzureにシステムを移行する際の、特権ID管理の考え方
共催ゾーホージャパン株式会社、株式会社フェス
会場

神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 みなとみらいセンタービル13階「ゾーホージャパンオフィス」

※クイーンズタワーではありませんので、ご注意ください。

>>アクセス

定員10名 ※1社2名様以上でご参加される場合はご相談ください。
参加費無料 ※事前に申込が必要です。

セミナー開催日程&お申込み

当セミナーは下記の日程にて開催します。

各日程のリンクをクリックして、お申込みフォームを開いてください

 

注意事項 ※セミナーのプログラムは予告なく変更される場合があります。 ※参加希望者が定員を超えた場合はご参加を調整させていただく可能性があります。 ※競合会社または当社が参加対象として不適切だと判断した場合はご参加をお断りする可能性があります。 ※お申込みいただいた情報は、セミナー講演社からの招待状の送付や問い合わせに対する回答、製品やサービス、イベントに関する最新の情報提供のために利用させていただきます。正確な情報を記入していただくようお願いいたします。

プログラム

15:30-16:30

セッション1

内部不正防止ガイドラインに見る特権ID管理の具体的な実施項目解説(オンプレ/クラウド環境における注意点も含めて)

株式会社フェス

鈴木 浩一 氏

16:30-17:10

セッション2

ManageEngine 特権ID管理ソリューションの実演紹介

ツールを活用した実際の運用方法が一目でわかる、実演セッション

  • 特権ID管理 「Password Manager Pro 」の製品概要
  • 実際の画面を用いたデモンストレーション
17:10-17:50

個別相談会

貴社が現在抱えている課題についてお気軽にご相談ください。フェス社担当者、ゾーホージャパン社エンジニアも同席し、技術的な話も踏まえてご相談に応じます。

※ 参加/途中退出自由

このセミナーに申し込む

お問い合わせ

ゾーホージャパン株式会社 マーケティング部 
MAIL:jp-memarketing@zohocorp.com
TEL: 045-319-4613 (受付時間 9:00~18:00/土日・祝日除く)

※ 本ページに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。Rマーク、TMマークは省略しています。