Firewall Analyzer ナレッジベース

PostgreSQL:パフォーマンスチューニングについて(ver12以降)


対象ビルド

ver12.3以降

概要

Firewall Analyzer ver12.3以降では、製品にPostgreSQLデータベースがバンドルされております。
PostgreSQLデータベースのチューニング方法について、以下に記載します。

チューニング設定

チューニング対象ファイル:
postgres_ext.confファイル (インストールフォルダー:...\OpManager\pgsql\data配下)

修正対象項目:

  • work_mem
  • maintenance_work_mem
  • effective_cache_size

上記項目を以下のように修正

※Firewall Analyzerが停止した状態で、修正を実施ください。

RAMサイズ:6GB以上の場合

#$Id$
shared_buffers = 512MB
work_mem = 48MB
maintenance_work_mem = 400MB
checkpoint_segments = 15
checkpoint_timeout = 11min
checkpoint_completion_target = 0.9
seq_page_cost = 1.0
random_page_cost = 2.0
effective_cache_size = 2048MB
synchronous_commit=off

RAMサイズ:8GB以上の場合

#$Id$
shared_buffers = 512MB
work_mem = 60MB
maintenance_work_mem = 600MB
checkpoint_segments = 15
checkpoint_timeout = 11min
checkpoint_completion_target = 0.9
seq_page_cost = 1.0
random_page_cost = 2.0
effective_cache_size = 3072MB
synchronous_commit=off

RAMサイズ:16GB以上の場合

#$Id$
shared_buffers = 512MB
work_mem = 80MB
maintenance_work_mem = 800MB
checkpoint_segments = 15
checkpoint_timeout = 11min
checkpoint_completion_target = 0.9
seq_page_cost = 1.0
random_page_cost = 2.0
effective_cache_size = 8192MB
synchronous_commit=off

※上記修正後、Firewall Analyzer起動させてください。

また、Javaのヒープサイズを変更しチューニングを実施ください。
Javaのチューニング方法につきましては、こちらのナレッジをご参照ください。