KVMのパフォーマンス・性能監視ツール

KVM監視

KVM監視

カーネルベースの仮想マシン(KVM)は、カーネルがハイパーバイザーとして機能できるようにするLinuxのオープンソースの仮想化テクノロジーモジュールです。KVMは、ハードウェア仮想化拡張機能を備えたx86プロセッサーを使用し、ホストマシンが複数のゲスト仮想環境を実行できるようにします。組織間で仮想サーバーが広く使用されていることを考えると、仮想環境の最適なパフォーマンスを確保するために、効果的な仮想サーバー監視システムを導入することは重要です。

Appplications Managerは、KVMサーバーとそれに関連する仮想マシンのパフォーマンスに関する詳細なデータを収集し、KVMハイパーバイザー監視します。標準APIと特定のLinux CLIコマンドを介してKVMホストサーバーに接続し、ホストサーバーとそのVMのステータス、パフォーマンスをリアルタイムで取得します。

KVMホストサーバーのパフォーマンスを監視

KVM監視における主な監視としては、関連するすべてのVMのCPUおよびメモリ使用率を追跡することです。Applications ManagerのKVM監視は、管理者がKVMサーバー内で実行されているさまざまな仮想マシンのパフォーマンスとともにCPUとメモリの使用率を追跡できる1つのセントラルロケーションを提供します。Applications Managerは、コアごとにCPU使用率を個別に監視し、管理者がCPUの実行状態と消費状態を判断できるようにします。

KVMモニタリング

KVMモニタリング


ストレージプールは、異なるフォーマットの仮想ディスクである1つ以上のストレージボリュームの組み合わせを含む論理ストレージグループです。さまざまなKVMサーバーで大量のストレージプールとボリュームが使用されるビジネスインフラストラクチャでは、KVM監視ツールを使用して、これらのストレージプールのパフォーマンスを大規模に追跡することが不可欠になります。

ストレージとネットワークの使用状況の統計を追跡

Applications ManagerのKVMパフォーマンス監視機能により、全体的な可用性、現在のプールステータス、総容量、空き容量または使用済み容量などの重要なパラメータを監視することにより、すべてのストレージプールとそれらに関連付けられたボリュームのパフォーマンス統計を監視できます。ネットワークインターフェイスのステータスは、ネットワーク接続がKVMサーバーのパフォーマンス低下の一因であるかどうかを特定するのに役立つ別の属性です。Applications Managerは、送受信されたパケット数、送受信されたデータの割合や、ネットワークの可用性などを含む詳細データを提供します。

KVMモニタリング

KVMモニタリング