仮想サーバー監視

アプリケーションパフォーマンス監視

VMware、Hyper-V、XenServer対応!

柔軟性が向上する一方、インフラ管理が複雑化する! 仮想化環境のアプリケーション管理

サーバーの仮想化とは、1台の物理コンピューター上で複数の独立した仮想オペレーテングシステムを稼動させる方式です。物理リソースを最大限に活用することによってハードウェア投資の効果を最大化する手法で、コストやエネルギーの削減などさまざまな利益をもたらします。

サポートしている仮想化ソリューション
  • VMware ESX/ESXi
  • Microsoft Hyper-V
  • Citrix XenServer

仮想化には多くの利点がありますが、その一方で、IT運用は複雑になります。アプリケーションやシステムパフォーマンスのトラブルの原因究明が大変になったり、ビジネストランザクションのフローの詳細が分かりづらくなったりします。その結果、重要なビジネスプロセスが中断される可能性もあります。

適切な仮想化監視ソリューションがないと、仮想化環境の管理は途方もなく複雑になってしまいます。このようなときに役に立つのがManageEngineのApplications Manager(アプリケーションズ マネージャー)です。Applications Managerには、一般の仮想化監視ツールよりも遥かに優れた機能が装備されています。

仮想化監視 リストビュー [ 仮想化監視 リストビュー ]

Applications Managerは、アプリケーションサーバーやデータベース、サーバー、VMware、webトランザクションなど、アプリケーションコンポーネントの内部まで詳細に監視できます。さらにマルチベンダーIT環境の物理コンポーネント、仮想コンポーネント、クラウドコンポーネントの管理も支援します。また、仮想サーバーや仮想サーバー上に設定された仮想ホストの稼働状況やパフォーマンスに関する貴重な情報を提供します。詳細なレポートや網羅的なパフォーマンスメトリックスにより、仮想システムが最高の性能を発揮していることが確認でき、サーバーリソースを過剰に使っている仮想マシンを速やかに特定して修正作業が開始できます。

Applications Managerには、IT環境の物理サーバーやクラウドサービスを監視するさまざまな機能もあり、同一ツールで物理システム、仮想化システム、およびクラウドシステムの監視ができます。Applications Managerのエンドユーザー・エクスペリエンス監視機能で、仮想化の以前と以後のユーザーエクスペリエンスを絶えず追跡できます。

VMware監視

[VMware監視]

仮想化監視レポート

[仮想化監視レポート]

Applications Managerで仮想化監視するメリット

  • 仮想化インフラのパフォーマンスの可視化、ユーザーが影響を受ける前にトラブルシューティングと問題の解決
  • エンドユーザー監視の支援により、仮想化の以前と以後のユーザーエクスペリエンスの追跡
  • キャパシティプラン策定と各仮想サーバーへの経験測に基づくリソースの割り当ての決定、仮想マシンの不必要な拡大の防止
  • ハードウェア監視によりサーバーのハードウェアコンポーネントが正常作動していることの確認
  • 仮想化環境におけるアプリケーションデリバリ・チェーンのそれぞれのパーツ間の相互依存関係の追跡
  • 仮想化環境におけるリソースプロビジョニングの自動化による運用効率の大幅改善
  • マルチベンダーの仮想化ソリューションをサポート。同一コンソールからVMware、Hyper-V、およびXenServerを監視可能
  • セットアップや管理が簡単なエージェントレス監視型ソリューション