仮想サーバーやコンテナを効率良く管理する方法

アプリケーションパフォーマンス管理

仮想サーバーとは

仮想サーバー(サーバー仮想化)とは、物理サーバー上で複数のサーバーを運用することです。専用ソフトウェアで物理サーバーのCPUやメモリーを分割し、仮想サーバーで利用できるようにします。

代表的な仮想化技術として「ハイパーバイザー型仮想化」「ゲストOS型仮想化」が挙げられるほか、近年では「コンテナ型仮想化」が注目を集めています。

仮想化のメリットとデメリット

サーバー仮想化のメリットとデメリットは次の通りです。

メリットデメリット
  • 新しいサーバーの導入にコスト・時間が掛からない
  • 物理サーバーの余剰リソースを有効活用
  • サーバーを設置する場所を考慮しなくてよい
  • 新しいサーバーの導入にコスト・時間が掛からない
  • 物理サーバーの余剰リソースを有効活用
  • サーバーを設置する場所を考慮しなくてよい

仮想化には多くの利点がありますが、その一方で、IT運用が複雑になりやすい欠点があります。 サーバー仮想化を用いた環境の場合、アプリケーションやシステムのトラブル調査が大変になったり、システム構造が分かりづらくなったりします。その結果、システム障害復旧の遅れから、重要なビジネスプロセスが中断される可能性もあります。

安定したサービス提供のためには、サーバー仮想化環境の、次の3点を監視することが重要です。

  • 物理サーバーのハードウエア
  • ハイパーバイザー / コンテナソフトウェア
  • ゲストOS(仮想マシン) / コンテナ

仮想サーバーのパフォーマンスを10分で可視化

ManageEngineが提供するApplications Managerは、仮想化したサーバー環境を簡単に監視・管理可能なソフトウェアです。サーバーハードウェア、ハイパーバイザー、ゲストOSの状態をエージェントレスで簡単に可視化します。

サーバー仮想化の監視で重要な3点を24時間365日自動で監視し、パフォーマンス低下を検知したらお知らせします。
新たに仮想サーバーが追加された際は自動的に監視対象に加えることも可能です。

Applications Managerで仮想化を簡単可視化[ 仮想化監視ビジネスビュー ]

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

対応する仮想化ソリューション

Applications Managerでvmware vCenter Serverを簡単可視化[ vmware vCenter Serverの可視化 ]

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Applications Managerで仮想サーバーを監視するメリット

  • マルチベンダーの仮想化ソリューションをサポート
  • 複雑な仮想化環境を一目で分かるように可視化。システムの状況把握やトラブルシューティングが容易になります
  • 24時間365日サーバーを自動で監視し、パフォーマンスを記録
  • 専用のキャパシティプランレポートで、仮想サーバーのリソース不足・リソース過多を診断
  • 仮想マシンの起動や停止・再起動を自動化
  • 仮想化環境をエージェントレスで監視
Applications Managerで仮想サーバーのキャパシティプランニング[ 仮想サーバーのキャパシティプランニング ]

仮想サーバー監視の詳細情報

関連機能

  • クラウド環境監視
    クラウド環境を監視する機能を紹介します。
  • Windows監視
    Windowsサーバー、Windowsクライアントの監視機能を紹介します。
  • Linux監視
    Linuxサーバー、Linuxクライアントの監視機能を紹介します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら