Linuxサーバーのアプリケーション監視

アプリケーションパフォーマンス監視

\

Linux サーバーとアプリケーションの リソース監視とキャパシティプランニング

ManageEngine のアプリケーション監視ソリューションは、 Linux サーバーとLinux サーバーで稼働するアプリケーションの管理に役立つLinux サーバー監視機能を備えています。Applications Managerは、サーバーをエージェントレスで監視し、CPU、メモリー、ディスクを使用を許可した範囲に制御します。エージェントを必要としないため、管理者は数分で初期設定を終え、監視を始められます。

[Linux サーバーおよびアプリケーション 監視画面][Linux サーバーおよびアプリケーション 監視画面]

アラームとレポート

色彩豊かなアラームをメール送信したり、自動で修正するスクリプトを実行することで、アプリケーション管理者の負担が減り、他の重要な業務に集中できます。可用性、稼働状況、CPU使用率、ディスク使用量、メモリー使用量などを示す包括的なレポートは、トレンドの解析や資産増強の計画に役立ちます。

すべてのLinuxをサポート

Redhat、Redhat Enterprise Server、Mandriva、Fedora、SuSe、Debian、Ubuntu、CentOS といった、あらゆるLinuxサーバーの監視に対応しています。

どうやってはじめるの?

システムにApplications Managerをインストールし、Webクライアントから初期設定を行います。他のシステムやサーバーを監視するには、telnetやSSH、SNMPを使用します。その場合も、ホスト名、認証情報、監視モードを設定するだけで設定は完了です。全体のパフォーマンス統計は、MySQLデータベースに蓄積され、Webクライアントを使用して閲覧できます。