Solarisサーバーの性能やパフォーマンス、可用性を監視

アプリケーションパフォーマンス監視

Solaris サーバーとアプリケーションの リソース監視とキャパシティプランニング

Solaris システムのパフォーマンス 監視には、ManageEngine アプリケーション監視ソリューションが最適です。Solaris システムを検知すると、CPUメモリー、メモリー使用量などを監視します。

[Solaris システム 監視画面][Solaris システム 監視画面]

Applications Manager は、Solaris システムを効率的に管理する機能を備えています。包括的なレポートや、障害の検知機能、自動修復機能が、最大限のシステムの利用を支援します。また、Solaris システムで実行されているプロセスも監視できるため、キャパシティプランニングにも役立ちます。

監視対象の Solaris サーバーの項目

CPU 使用率CPU 使用量を監視し、最大限活用できているかを確認します。
メモリー使用率システムのメモリー不足を回避します。メモリー使用率が高い場合や、逆に異常にメモリー使用率が低い場合、システム管理者に通知します。
ディスク使用率ディスクの空き容量を確保します。ディスク空き容量がしきい値を下回った場合、システム管理者に通知します。その際、ディスク内の不要なファイルを削除するプログラムやスクリプトを実行することも可能です。
ディスク I/O 統計あらゆるデバイスに対し、秒単位で読み取りおよび書き込み操作、移動を行います。

現在、ダウンロードモジュールは Windows 版と Linux 版のみ提供しています。Solaris をサポートしていませんが、Windows ホストや Linux ホストでApplications Managerを実行し、ネットワークを通して Solarisマシンを監視できます。

Solaris 監視機能

  • Solaris OS の可用性とパフォーマンスを管理します。
  • CPU使用量、メモリー使用量、ディスク使用量、ディスクI/O使用量、レスポンスタイムなど、パフォーマンス統計を監視します。
  • Solaris システムや属性に障害が発生すると、通知やアラームを生成します。しきい値の設定や、自動のアクションを設定できます。
  • 簡単にパフォーマンスのグラフやレポートを作成できます。可用性や、稼働状況、接続時間によるグループ化にも対応しています。
  • Solaris サーバーのパフォーマンスを時系列で表示するなど、リアルタイムの情報を収集できます。期間の指定にも対応しています。