クラウド環境の性能やパフォーマンス、可用性を監視

アプリケーションパフォーマンス監視

クラウド環境の稼働状況とパフォーマンスを監視

cloud-monitoring-bnr[cloud-monitoring-bnr]

エンドユーザーに提供するITサービスの柔軟性の向上と拡充を期待し、ますます多くの企業がクラウドコンピューティングサービスの利用に乗り出しています。パブリッククラウドサービス、たとえば Amazon Web Services (通称、AWS)は、外部のコンピューターを使って、アプリケーションやサービスを実行できます。期待するレベルのパフォーマンスを維持するために、また、クラウドリソースを効果的に活用するために、クラウド環境に置かれたアプリケーションの継続的な監視は大変重要なタスクです。

ManageEngine Applications Manager は、アプリケーションサーバー、データベース、VMware、Webトランザクションなどの監視機能を提供しています。これらに加えてクラウド環境にも対応し、クラウドインフラにインストールされた重大なアプリケーションの稼働状況とパフォーマンスを、プロアクティブに監視します。

継続的に Amazon EC2 と RDS のインスタンスを監視し、稼働状況やパフォーマンス情報を管理者に提供します。グラフやパフォーマンスのデータを用いて、迅速に障害を発見、解決できるため、Amamzon 上の重要なアプリケーションを最適な状態に保ちます。 クラウドインフラの使用状況を可視化でき、キャパシティプランニングにも役立ちます。シンプルで分かりやすいレポート、グラフィカルなビュー、通知機能、しきい値設定、障害管理機能が、クラウド環境を常に利用できる状態を維持します。

監視対象のクラウド環境

Applications Managerは、次のクラウド環境を監視します。

Amazon EC2 監視

Applications Manager は、自動的にAmazon アカウント内のすべての EC2 のインスタンスを検知します。検出した Amazon EC2 インスタンスの可用性、稼働状況、重要なパフォーマンスデータを監視します。EC2 に付与されている Amazon EBSボリュームのパフォーマンス統計データも提供します。

※詳細はAmazon EC2 監視をご覧ください。

Amazon RDS 監視

Amazon RDS (Amazon Relational Database Service) の稼働状況、可用性、パフォーマンスの経過を追跡します。 Applications Manager の監視範囲は、CPU使用量、データベース接続、ネットワークトラフィック、ネットワークの待ち時間などです。

※詳細はAmazon RDS 監視をご覧ください。

Microsoft Azure 監視

Microsoft Azure で稼働するあらゆる仮想マシンのCPU、メモリー使用率、ネットワークトラフィック、ストレージアカウントのステータスなどを監視します。

※詳細はMicrosoft Azure 監視をご覧ください。

OpenStack 監視

OpenStack上で稼働するインスタンス、サービス、イメージなどの稼働状況と可用性を監視します。

※詳細はOpenStack 監視をご覧ください。

Office365 監視

Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Businessなど、Office365アプリケーションを監視し、運用をサポートします。

※詳細はOffice365 監視をご覧ください。

クラウド監視機能

  • 一つのコンソールで、物理環境、仮想化環境、そしてクラウドインフラを監視します。
  • 社内のデータセンターと同様に、クラウド環境にインストールされたアプリケーションを監視します。
  • Amazon クラウドサービスを常時利用可能な状態に保ちます。
  • トラブルシューティングや、エンドユーザーに影響を及ぼす前の問題解決など、クラウド環境のパフォーマンスの実態を知るための情報を提供します。
  • クラウドサービスの実態に基づく、キャパシティプランニングの判断材料になります。
  • エージェントレスで監視する仕組みのため、初期設定や管理が非常に簡単です。