Office 365が遅い!その対策として検討したい監視という選択肢

アプリケーションパフォーマンス管理

「Office 365重いんだけど」と言われる前に気づきたい

Office 365導入後のネットワーク通信量はその分増加します。通信量が増えればネットワーク帯域を圧迫し、上限を超えればユーザーは「Office 365が遅くなった」と感じるようになります。あるいは、Office 365側に遅延の原因が潜んでいるケースも考えられます。

いずれにしても、遅延が発生し従業員が仕事にならないという事態に陥れば情報システム部門の管理者は大変です。多くの従業員からの問い合わせに対応しなくてはなりません。今、このような対応に追われている管理者は少なくありません。

ここで重要となるのが、まず、この「Office 365が遅い」という事象をユーザーから問い合わせを受ける前に把握できているか否かです。それにより、問い合わせ対応の負荷が大きく変わってきます。

監視すれば原因の切り分けもできる

次に重要なことが、原因を切り分けられる環境や体制を持てているかという点です。遅延の原因は、ネットワークにあるのか、Offic 365にあるのか、それらを把握するためには監視が不可欠です。

そのため、ネットワーク帯域を可視化するソリューションやOffice 365自体の応答時間やリソースなどを監視できるツールを導入することでそのような事態に備えている管理者も増えはじめています。

​Office 365を今すぐ簡単に監視できるツール

ManageEngineが提供するApplications ManagerもOffice 365にも対応した監視ソフトです。Office 365だけでなく、仮想サーバーや物理サーバー、クラウドインフラなどの状態も簡単に可視化します。もちろん、異常値が出た際のメールなどによる通知も設定できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Office365サービスの主要メトリクスを監視

Applications ManagerのOffice 365監視機能では、Exchange Online、Sharepoint Online、Skype for Business Onlineのサービスの重要なメトリックを監視し、パフォーマンスの把握と問題発生時の素早いトラブルシューティングを支援します。

サービスと各サービス内で影響を受けるテナントのステータスを確認し、それぞれのエンドポイントの応答時間や以下のサービスの固有メトリックを監視します。

Office365 主要サービス監視Office365 主要サービス監視

アカウントの状態を確認

[概要]タブより、可用性とパフォーマンスの履歴、ライセンスの詳細と使用状況、サービスやエンドポイントの状態など、アカウントのステータスをグラフ化し、一目で状況把握できます。必要に応じてアカウントの使用状況を通知機能でお知らせします。

Office365 アカウント監視Office365 アカウント監視

Exchange

メールボックスの容量や、Exchange Onlineサーバーで30日間非アクティブのメールボックスが一目で把握できます。

Office365 Exchange Online監視Office365 Exchange Online監視

Sharepoint

Sharepoint Onlineサーバーの、サイト使用状況の統計、ステータス、アプリケーションエラーを監視し、必要に応じて通知できます。

Office365 Sharepoint Online監視Office365 Sharepoint Online監視

Skype for Business

Skype for Business Onlineサーバーで通話時間順の上位10セッションを一覧にします。ユーザー毎の使用状況と、IM、音声/ビデオ通話、会議などの通話時間の多いユーザーを一目で把握できます。

Office365 Skype for Business Online監視Office365 Skype for Business Online監視

パフォーマンスの問題修正を支援

Applications Managerで監視したすべての項目に対して、細かいアラート設定や通知でのお知らせ設定ができます。ダウンタイムが発生した場合の修正アクションを自動実行したり、潜在的なパフォーマンス上の脅威を事前に検知できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら