Windows Azureの稼働状況と可用性を監視

アプリケーションパフォーマンス管理

管理の手間を最小限に、クラウドリソースを最大限に活用 Windows Azureの稼働状況とパフォーマンスを監視

Windows Azureは、広範囲におけるサービスアプリケーションの柔軟性、信頼性、ソリューションを実現するクラウドプラットフォームです。より良いサービスを提供するためには、期待したレベルでアプリケーションが稼働するかを保証し、クラウドのリソースを効果的に利用することが鍵となります。

Applications Managerは、Windows Azureアプリケーションとロールインスタンスを監視し、 クラウドアプリケーションを可視化し、パフォーマンス上の問題を素早く解決するための支援をします。

アプリケーションとロールインスタンス

現在のWindows Azureアプリケーションとロールインスタンスの可用性と稼働状況を監視します。根本原因解析(RCA)の 画面があり、障害のトラブルシューティングに活用できます。 アプリケーションのリクエスト実行時間、拒否されたリクエスト、TCP接続などを監視します。また、ロールがオフライン、応答しないなどの重要なステータスを検知し、エンドユーザーに影響が出る前にトラブルシューティングできます。

Windows Azure可用性監視Windows Azure可用性監視

仮想マシンのCPU、メモリ使用率、ネットワークトラフィック

Windows Azure上の仮想マシンごとにCPU、メモリ、ネットワークトラフィックを監視します。アプリケーションデプロイのエラーを監視し、診断インフラストラクチャログを通してエラーを通知します。

Windows Azure VMトラフィック監視Windows Azure VMトラフィック監視

Applications ManagerのWindows Azure監視機能の活用メリット

  • Windows Azureアプリケーションインフラをプロアクティブに監視し、ビジネスのダウンタイムによるインパクトを最少化できます。
  • Webロール、Workerロール、VMロールのパフォーマンスを視覚的なグラフやレポートで確認できます。
  • 最小の工数でWindows Azureを監視でき、クラウドへの投資の価値を最大化できます。
  • エージェントを使用しないため、セットアップと管理にかかる時間を削減します。
アップタイム/ダウンタイム監視アップタイム/ダウンタイム監視