AWS監視の必要性とは?クラウド監視を簡単に実現する方法

アプリケーションパフォーマンス管理

AWS監視の必要性とは?

IaaS、PaaS、DaaSなどのさまざまなクラウドプロダクトを提供するAWSは、企業ネットワークのクラウド化が進むにつれて最も注目されているサービスです。多くの企業はAWSで提供されている様々なサービスを組み合わせてネットワークやシステムを構築しています。

AWSはAmazonが管理を行うサービスであり、基本的な可用性は担保されています。しかし、IaaSやPaaSの場合、動作するソフトウェアやプログラムが原因のシステムダウンや、格納したデータが原因のパフォーマンス低下やシステムダウンについては、AWS側ではサポートされません。そのため、所有するAWSリソースがどういった状況にあるかは利用者側で監視する必要があります。

ハイブリッドクラウド・マルチクラウドの監視を効率的に実現するには?

AWS上のリソースとオンプレミスのリソースを連携しているシステムの場合や、他のクラウドサービスも利用している場合については、CloudWatchではAWS上のリソースのみの監視となり、他の環境の監視が行えません。そのため、AWS以外のリソースも監視する場合は、CloudWatchと他の監視コンソールを行き来する手間が発生してしまいます。

システム全体を監視し、パフォーマンス改善のための調査をするためには、すべての環境を一元的に監視できる統合監視が必要であると言えます。

ManageEngineが提供するアプリケーションパフォーマンス監視ソフトウェアの「Applications Manager」は、AWSのログ・メトリクス・イベント等のパフォーマンスデータを収集し、AWS上で実行されているAWSリソースとアプリケーションやサービスを可視化します。
クラウドリソースのCPU使用率、レイテンシー、トラフィック、ストレージ容量、メモリーなどの様々なAWSクラウドのパフォーマンスデータを収集するほか、AWS Iaas上で稼働するアプリケーションやプログラム、PaaSの使用状況やデータの状況、AWSアカウントの利用状況など、AWSのさまざまなパフォーマンス指標を監視できます。

また、AzureやGCPなどの他クラウドサービスの監視やプライベートクラウド、コンテナやオンプレミス環境の監視もApplications Manager1つですべて実現できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

クラウドアプリケーションのパフォーマンス問題の根本原因を分析

Applications ManagerのAWS監視ツールは、根本原因分析機能により、パフォーマンスのボトルネックの原因を特定します。エンドユーザーに影響を与える前にパフォーマンスの問題を検出し、解決に繋げることができます。
Applications ManagerのAWS監視では、様々な主要なパフォーマンス指標にしきい値を設定することでボトルネックを防止し、しきい値に違反した場合には管理者に直ちにお知らせします。メールでの通知のほか、プログラム実行やインスタンスの起動、停止、再起動など自動化アクションも設定できます。
また、過去のパフォーマンスデータを元にした自動のしきい値設定にも対応します。

Applications ManagerのAWS監視サービスは、以下のサービスの監視に対応しています。

Amazon EC2監視

Amazon EC2インスタンスのディスクI/O、メモリやディスクの利用率、各種操作のレイテンシー、ボリュームI/O、ネットワークトラフィックなどのパフォーマンス指標を簡単に監視し可視化します。

Amazon EC2監視についてはこちら

AWS EC2インスタンス監視AWS EC2インスタンス監視

Amazon RDS監視

Amazon RDSインスタンスのデータベース接続、ネットワークトラフィックとレイテンシー、CPU使用率、ディスクI/Oなどを監視し、手間いらずで可視化します。レポート出力にも対応します。

Amazon RDS監視の詳細はこちら

AWS RDS監視AWS RDS監視

Amazon S3監視

Amazon S3は、最大5TBのサイズのオブジェクトを保存できる非常に汎用性の高いストレージサービスです。Applications ManagerでS3バケットのストレージ状況を把握し、クラウドリソースの利用を最適化できます。バケットの可用性、バケットサイズ、仮想フォルダ、オブジェクト数などの属性に基づいて複数のS3バケットの統計を算出し、パフォーマンスを確認できます。

AWS S3監視Amazon S3監視

Amazon SNS監視

Amazon SNSは完全に管理されたパブリッシャー・サブスクライバー通知サービスです。多数の購読者、特にモバイルユーザーにメッセージを配信できます。Applications Managerでは、通知の配信率や失敗率、SMS配信率、メッセージのスループットや送信数と失敗数、購読数などを監視します。地域別のメトリクスやトピック別のメトリクスも提供しており、ターゲットを絞り込むのに役立ちます。

AWS SNS監視AWS SNS監視

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Amazon DynamoDB監視

Applications Managerでは、Dynamoのリクエストやスロットル、エラー、グローバルセカンダリインデックスなどの主要なメトリクスを追跡し、DynamoDBインスタンスを正しくプロビジョニングします。レイテンシ、スロットルエラー、リクエストスループットなどのデータを収集し、パフォーマンスの問題をドリルダウンして効率的に監視し、DynamoDBデータベースのスムーズな機能を確保できます。

Amazon DynamoDB監視の詳細はこちら

AWS DynamoDB監視AWS DynamoDB監視

Amazon Aurora監視

タベースに対応しており、従来のデータベースに比べて低レイテンシーです。Applications Manager は、Aurora DBのディスクI/O、ネットワーク、レイテンシ統計、レプリケーションの詳細、キャッシュヒット率、トランザクションログの詳細など、Aurora DBのすべてのパフォーマンス指標を総合的に可視化し、ユーザーが低レイテンシと安定した可用性を維持するのに役立ちます。

AWS Aurora監視AWS Aurora監視

Amazon Billing監視

AWSの利用状況を監視し、簡単にコストを見積もることができます。Applications Managerは、Amazon Cloudwatchからコスト統計を取得してデータを集約し、誰が見ても理解できる形式でレポート出力します。

AWS Billing監視AWS Billing監視

Amazon Elastic Load Balancing監視

AWS ELBは、EC2インスタンスなどの複数のターゲットに流入するアプリケーションのトラフィックを自動的に分散し、トラフィックの需要に合わせてリソースをスケーリングします。Applications Managerはアプリケーションとネットワークのロードバランサーを監視し、トラフィックパターンを分析し、ロードバランサーとターゲットの問題をトラブルシューティングしてパフォーマンスを最適化することができます。

AWS Elastic Load Balancing監視AWS Elastic Load Balancing監視

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら