AWS ECS監視

アプリケーションパフォーマンス管理

AWS ECSとは?

Amazon Elastic Container Service(ECS)は、Dockerコンテナをサポートするコンテナオーケストレーションサービスです。

AWS上でコンテナ化されたアプリケーションを簡単に実行し、柔軟に拡張できます。高可用性とセキュリティを提供し、他のAWSサービスとの統合や連携も容易です。

AWS ECSを効率的に管理するツール「Applications Manager」

コンテナはアプリケーションをカプセル化し、自動でリソース割り当てなどを行う構造になっています。この仕組み上、コンテナ内部で何が起きているのかを外部から理解することが難しいと言えます。

このため、アプリケーションのパフォーマンスを正確に把握して安定稼働させるためには、ECSのインフラとECSデプロイの両方を監視することが重要です。

ManageEngineが提供するアプリケーション性能管理(APM)ツール「Applications Manager」では、コンテナ、ECSの各レベルでアプリケーションを監視することができます。

一般的なECSクラスターは、「サービス」と「インスタンス」の2つの部分から構成されています。Applications Managerでは、システム上で実行されているサービスとインスタンスの可用性とパフォーマンスを可視化することが可能です。

障害が発生した場合には管理者にただちにお知らせするほか、プログラム実行やWebhookの実行、アプリケーションの起動・再起動などのアクションを自動で実行することも可能です。また、機械学習(マシンラーニング)技術により、リソースの使用状況の可視化や成長の予測を実現できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

ECSクラスターのパフォーマンスを監視

Applications ManagerのECS監視機能を使用し、クラスター内部の動作や処理の状況を把握できます。実行中やドレインのEC2やFargateのサービス数・タスク数など、クラスターの主要な構成を監視できます。更に、CPU、メモリー、ストレージ、ネットワークの統計など、クラスタ固有のメトリクスを監視することもできます。

Applications ManagerのAWS ECS監視

タスクとクラスタの監視

ECSクラスター上で実行されているインスタンスとタスクを監視します。ECSクラスターに関しては、リソースの予約と使用率が最も重要な指標となります。Applications Managerは、予約されているCPUや使用されているメモリ、ファイルシステムの使用状況、ネットワークトラフィックなど、リソース統計の詳細を可視化します。

Applications Manager AWS ECS監視

Applications Manager AWS ECS監視 1/3

Applications Manager AWS ECS監視

Applications Manager AWS ECS監視 2/3

Applications Manager AWS ECS監視

Applications Manager AWS ECS監視 3/3

サービス監視

実行中/保留中のサービス、ECS上で実行されているサービスのために予約され利用されているCPUやメモリーなどのリソース、タスク数、ストレージのI/O、ネットワークトラフィックの統計情報を把握することで、サービスに異常が発生した場合にすぐに発見できるようにします。また、Applications ManagerのECS監視ダッシュボードでは、発生したサービスイベントの詳細も表示されます。

Applications ManagerのAWS ECS監視

コンテナインスタンス監視

インスタンスのステータス、インスタンス内の実行中のタスクと保留中のタスクの数、CPU、メモリ、ファイルシステム、ネットワークトラフィックの統計などのリソース情報、構成の詳細など、コンテナインスタンスの詳細を取得します。

Applications Manager AWS ECS監視

Applications Manager AWS ECS監視 1/2

Applications Manager AWS ECS監視

Applications Manager AWS ECS監視 2/2

AWS ECS監視の詳細情報

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら