LDAP、ディレクトリサーバーの性能やパフォーマンス、可用性を監視

アプリケーションパフォーマンス管理

LDAPサーバーのログインのレスポンスタイムや 検索結果を簡単に監視

今日では、多くの企業や組織がLDAPサーバーに依存しています。したがって、LDAPサーバーの可用性とパフォーマンスを監視することは大変重要です。Applications Managerは、ユーザーがドメインへのログインにかかった時間、レスポンスタイム、可用性を監視することで、常にLDAPサーバーがアクティブの状態であることを維持できます。しきい値を超えるとすぐに管理者にメールが送信され、迅速なトラブルシューティングを支援します。

LDAP サーバーの監視画面LDAP サーバーの監視画面

監視する LDAPサーバーの属性

ログイン詳細LDAP サーバーのドメインへのログインにかかった時間。
検索の詳細すべてのレスポンスタイムを実行するために、検索にかかった時間。すべてのレスポンスタイムとは、ログインにかかった時間とLDAPサーバー内を検索するのにかかった時間。
検索結果の詳細実行された検索の検索結果のヒット件数と実際に画面に表示されている結果が一致しているかどうか。

LDAPサーバー 監視の特長

  • LDAPサーバーの可用性やレスポンスタイムといった、パフォーマンスの統計情報を監視します。
  • LDAPサーバーやその他の任意の属性に障害が生じたとき、設定したしきい値に基づいて通知やアラームを生成します。アクションは自動的に実行します。
  • クリック一つで簡単にパフォーマンスのグラフやレポートを生成します。可用性、ステータス、接続時間などでグループ別に表示することもできます。