Oracle Cloud Infrastructure監視

アプリケーションパフォーマンス管理

Oracle Cloud Infrastructure監視の必要性

Oracle Cloudは、サーバー・アプリケーション・ストレージ・ネットワーク・データセンターの作成・運用に必要なリソースと管理を提供する、Oracle社のクラウドプラットフォームです。IaaS・PaaS・SaaS・DaaSなどさまざまなサービスが用意され、クラウドでアプリケーションを構築・デプロイするために利用できます。

Oracle Cloud Infrastructure上で稼働するアプリケーションやシステムのパフォーマンスを最適化して突発的に発生する異常にもリアルタイムで対応するには、Oracle Cloud Infrastructureの主要コンポーネントを24時間365日監視することが重要です。監視によってリソースの状態と可用性やパフォーマンスの変化を把握する必要があります。

しかし、システムを構成するすべてのリソースを人力で常に監視することは難しいと言えます。クラウドリソースの管理ツールを利用して、効率良くシステムを監視しましょう。

ManageEngineのアプリケーション管理ツール(APM)「Applications Manager」は、Oracle Cloud Infrastructureの管理機能を提供しています。Oracle Cloud Infrastructure環境のすべてのコンポーネントを詳細に可視化することによって、業務上重要なOracle Cloudサービスのパフォーマンスを効率的に把握し、アプリケーションのパフォーマンスの向上に繋げることができます。

Oracle Cloud Infrastructureの主要なパフォーマンス項目を可視化

Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視機能では、次のことが実現可能です:

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

コンピュートをシームレスに監視

Applications ManagerでOracle Cloud Infrastructureのコンピュートインスタンスの稼働状態・容量・パフォーマンスを追跡することで、24時間365日インスタンスの正常性を確認できます。また、業務上重要なインスタンスが含まれる仮想マシンやベアメタルインスタンスについても、メモリー、CPUコア、ネットワーク帯域幅などの複数のパラメータを監視して、パフォーマンスを可視化できます。

Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視[Oracle Cloud コンピュートの監視]

CPUとメモリーの詳細を監視

Oracle Cloud Infrastructureは「シェイプ」をテンプレートとし、新たに作成されたインスタンスに割り当てるCPU数とメモリ量を決定します。ワークロードの要件を満たすシェイプを選択して、リソース割り当てとパフォーマンスの最適なトレードオフを実現します。
より効率の良いリソース配置を実現するには、これに合わせてシステムリソースを監視することが必要です。Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視機能では、CPUやメモリー使用率などの主要なパフォーマンス項目を監視することで、インスタンスプール内のコンピュートインスタンスの数を把握し、迅速な最適化に繋げることができます。ディスクI/Oなどの重要な項目も簡単に把握できるよう可視化します。

Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視[Oracle Cloud リソースの監視]

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

ブート・ボリューム、ブロック・ボリュームを監視

カスタムイメージに基づいて仮想マシンまたはベアメタルインスタンスを起動すると、インスタンス用の新しいブートボリュームが作成されます。
リソースを適切に管理するにはApplications Managerでコンピュートインスタンスのボリュームおよびスループット操作を監視し、ボリュームのステータスを把握することが重要です。データの不整合を一目で把握し、容易にブートボリュームサイズを指定したり、想定と異なる値のものが存在する場合は管理者に直ちにお知らせします。

Applications ManagerのOracle Cloud監視

Oracle Cloud ブートボリュームの監視

Applications ManagerのOracle Cloud監視

Oracle Cloud ブロックボリュームの監視

ネットワーク効率を最大化

VNIC(仮想ネットワークインターフェイスカード)を監視し、インスタンスがVCN(仮想クラウドネットワーク)の内外のエンドポイントとどのように接続しているかを可視化します。各インスタンス間で送信されたネットワークリクエストの数を把握し、ネットワークトラフィックの送信元/宛先チェックを実行します。送受信中に廃棄されたパケットの数を常に監視し、セキュリティー違反によるトラフィックの変化をすぐに発見できます。

Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視[Oracle Cloud ットワークの監視]

問題を迅速に特定するレポートを作成

Applications ManagerのOracle Cloud Infrastructure監視を使用し、顧客に影響が及ぶ前に異常を自動的に検出し、様々な問題の根本原因を特定して迅速にトラブルシューティングできます。機械学習(マシンラーニング)を搭載したレポート分析により、容量使用率と増加傾向を把握できます。

Oracle Cloud Infrastructure監視の関連項目

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら