Oracle Cloud Storage監視

アプリケーションパフォーマンス管理

Oracle Cloud Storage監視の必要性

Oracle Cloudは、高可用性・高耐久の企業向けストレージオプションを提供しています。しかし、クラウドシステム上で稼働させるアプリケーションのパフォーマンスについてはクラウドサービス事業者の稼働保証の範囲には入りません。アプリケーションのパフォーマンスに問題が生じた場合の調査や最適化、問題の迅速な解決には、監視ツールを使用してクラウドストレージを監視することが不可欠です。

Applications ManagerのOracle Cloud Storage監視を使用すると、ブロックボリューム、ファイルストレージ、オブジェクトストレージを含むさまざまなOracle Cloudサービスを監視できます。

Oracle Cloud Storage監視で主要なパフォーマンス項目を可視化

Applications ManagerのOracle Cloud Storage監視機能は、オブジェクト数、レイテンシ、リクエスト数、バケットサイズ、ストレージエラーなどの重要なパラメータ情報を提供します。

これらの項目は、使用しているストレージの量を測定し、Oracle Cloud Strage内のリクエストのパフォーマンスを把握するのに役立ちます。

Oracle Cloud Storage Monitor-ManageEngine Applications Manager

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

オブジェクトとリクエストを監視

Applications Managerでは、ストレージ容量が大きいオブジェクト、最近作成されたオブジェクト、特定のカテゴリにグループ化されたオブジェクトなど、Oracle Cloud Storageのオブジェクトに関する情報を取得します。

Oracle Cloud Storage Monitoringソフトウェア-ManageEngine Applications Manager

Applications Managerはオブジェクトのリクエストに関する詳細も提供します。
読み取り・書き込みリクエスト、それぞれのスループットを監視することにより、レイテンシを把握し、問題が表面化する前に発見することが可能になります。

Oracle Cloud Storage Monitoringソフトウェア-ManageEngine Applications Manager

ブロックボリュームを監視

ブロックボリュームメトリクスを監視することで、データがクラウドに安全に保存されていることを確認できます。Applications Managerでは、ボリュームの読み取り/書き込みスループット・ボリュームの読み取り/書き込み操作などの詳細なビューを取得します。ブロックボリュームをバックアップし、選択したバックアップポリシーに基づいて保持することも可能です。

ファイルストレージを監視

Applications ManagerのOracle Cloud Storage監視機能は、Oracle Cloud File Storageの統計情報を可視化します。使用されるストレージメモリの量、ファイルシステムの状態、最後のバックアップからの日数、最後のスナップショットの名前などの詳細を可視化できます。

Oracle Cloud Storage Monitoringソフトウェア-ManageEngine Applications Manager

また、コンピューティングシステムのマウントターゲットとバケットも把握可能です。

Oracle Cloud Strage監視の詳細情報

関連項目

  • Oracle Cloud Infrastructure監視
    Oracle Cloud Infrastructureのパフォーマンスを監視する機能をご紹介します。
  • サーバー監視
    サーバーOSのパフォーマンスを詳しく監視する機能をご紹介します。
  • Oracle Database監視
    Oracle Databaseのパフォーマンスや使用状況を監視する機能をご紹介します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら