Slack連携

アプリケーションパフォーマンス管理

アプリケーションの障害管理をSlackでスマートに

ManageEngineが提供するアプリケーションパフォーマンス管理(APM)ツールであるApplications ManagerをSlackと連携すると、アプリケーションの障害情報をリアルタイムでSlackチャンネルに投稿できます。

Applications Managerから適切なSlackチャンネルへ通知することにより、アプリケーション開発者や管理者が必要な情報を素早く確認でき、アプリケーションやITインフラのパフォーマンス障害に対応できるようになります。

Applications ManagerをSlackと連携するメリット

  • チームメンバー間のコミュニケーションを改善
    チームメンバーとコラボレーションし、Slack内で優先度の高い問題の処理や解決方法について議論できます。
  • 議論・対処までの時間を短縮 
    Applications Managerが直接Slackに投稿することで、メールを受け取ってからチャットで議論して対処を考える、という従来のステップを短縮できます。問題が大きな障害になる前に処理できるようになります。
  • メール数の低減
    メールやその他の通知機能とSlackを使い分けることで、受信するメール通知数を制限できます。メール数が増加して重要なアラートを見逃してしまうのを防ぎます。
  • 通知を整理
    それぞれのSlackチャンネル/メンバーに表示する必要のある監視パラメータの変数名をApplications Manager側でカスタマイズできます。適切な担当者に必要な情報を的確に通知します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Applications ManagerのアラートをSlackに通知

簡単な3ステップでSlackと連携

  1. Applications Managerにログインし、「新規追加」リンクをクリックして新しいアカウントを追加します。
  2. [追加]ボタンをクリックした後に表示されるSlackの認証コードをコピーします。
  3. Applications Managerのコンソールに貼り付け、保存をクリックします。

SlackをApplications Managerに統合する方法の詳細な手順については、こちらをご参照ください

Slack連携の詳細情報

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら