Webサイト改ざんの効果的な対策とは?改ざんを自動検知する方法

アプリケーションパフォーマンス管理

Webサイト改ざんを検知するための対策とは?

Webサイトの改ざんは、Webサイト管理者なら誰でも遭遇する可能性がある脅威です。

昨今では、Webサイトにマルウェアなどの有害なプログラムを仕込み、サイト訪問者に感染させるタイプの改ざん手法が増加しています。マルウェアに感染したユーザーは偽サイト等へ誘導され、さらに、情報や金銭を詐取されてしまう場合があります。
よって、大企業のWebサイトのみならず、セキュリティ対策が不十分な中小企業のサイトも狙われる対象になり得るのです。Webサイトを改ざんされてしまうと、顧客から信頼を失いかねません。

Webサイト改ざんの対策で重要なことは、ネットワークセキリティの保護を強化するほか、改ざんの被害に遭った場合に備え、Webサイトの改ざんをいち早く検知して被害を拡大させないための対策も重要です。

Webサイト改ざんを自動検知するツール

ManageEngineのApplications Managerは、Webサイトコンテンツ監視機能を備えています。Webサイトの整合性を定期的にチェックし、検出されたWebページの変更点や改ざん箇所を記録します。

Office365 アカウント監視Webサイトコンテンツ監視

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

ツールでWebサイトコンテンツを監視するメリット

Applications ManagerでWebサイトの改ざんを監視することのメリットは次の通りです。

  • 不正な追加またはHTML要素の修正を含むWebサイトのセキュリティ違反の迅速な検出
  • Webサイトの停止や乗っ取り等の迅速な発見
  • セキュリティ侵害の早期発見
  • SQLインジェクション攻撃に対する防御
  • WebサイトおよびWebアプリケーションの可用性の向上

Applications ManagerでWebサイトの異常を検知した場合は、管理者に直ちにお知らせします。 また、検知のアラートをトリガーにサービスを停止したり、別のサーバーを起動したり、ブログラムを実行したりするなど、改ざんに対する対処を自動化することが可能です。

Webサイト 編集されたコンテンツの監視Webサイト 編集されたコンテンツの監視

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

コンテンツ監視の特徴

Applications ManagerのWebサイトコンテンツ監視機能では、テキスト、スクリプト、画像、リンク、アンカーおよびiframeの6つの基本HTML要素を監視できます。WebサイトのハッキングやWebコンテンツの変更を、顧客に影響を与える前に検出します。

  • テキスト:Webページで表示されるテキストコンテンツの変更を識別します。
  • スクリプト:スクリプトの変更を識別し、外部スクリプトの「src」属性の変更を検出します。
  • 画像:Webページに存在する画像の「src」属性の変更を識別します。事前に取得したドメイン以外の新しいドメインから表示される画像が存在する場合にはアラートでお知らせします。
  • リンク:Webページのリンク要素の「href」属性の変更を識別します。
  • アンカー:Webページ内のアンカーリンクの「href」属性の変更を識別します。事前に取得したドメイン以外の新しいドメインへのリンクがある場合にアラートでお知らせします。
  • iFrame:iframe要素内の「src」属性の変更を識別し、設定されたURLにドメイン名の変更があるかをチェックします。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら