パッチ管理

クライアント管理ソフト

Desktop Centralのパッチ管理は、IT管理者がネットワーク内のシステムにパッチを自動で配布することを可能にし、脆弱性を低減します。
WindowsだけでなくMacやLinuxなどマルチOSに対応しており、アプリケーションベンダーから配布されるパッチもZoho Corporationによって一括管理されたパッチデータベースを利用して、エンドポイントデバイスの脆弱性の管理をサポートします。

【 Desktop Centralにおけるパッチ配布の流れ 】【 Desktop Centralにおけるパッチ配布の流れ 】

Windows パッチ管理

Microsoftのセキュリティ情報は通常、米国日付の毎月第 2 火曜日に公開します。Windows10からは重要な更新はその都度リリースする方針を発表しました。Desktop Centralでは、定期的なパッチ更新やリリースされたパッチを自動的に配布できます。

エンドポイントをサイバー攻撃から保護

Mac パッチ管理

企業内でのMac OSの利用は、近年増加傾向にあります。限られた人的リソースでは、もはやパッチを手動では適用できません。Desktop Centralは、Windowsと同様に、Mac OSへのパッチの適用を支援します。

サードパーティ製品パッチ配布

Desktop CentralはWindowsやMac OSのパッチ管理に加え、Adobe Flash Player、Adobe Reader、Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Quick Timeなど、サードパーティアプリケーションのパッチ配布も支援します。

Linux パッチ管理

企業のセキュリティとして、すべてのコンピューターにセキュリティのアップデートと重要なパッチを適用することは必要不可欠です。Desktop Centralは、1つのコンソールからWindows、Mac、Linuxの自動的なパッチ管理の一元化を実現します。

Desktop Central スクリーンショット【Desktop Central パッチ管理画面】

IT資産管理をスモールスタートで始めたい

ManageEngineではセキュリティーパッチ管理の機能により特化した製品として、Patch Manager Plusも用意しております。社内IT資産のセキュリティーをスモールスタートで開始されたい場合に、Desktop Centralと比較してコストパフォーマンス面で優れた製品となります。

機能一覧Desktop CentralPatch Manager Plus
パッチ管理
ソフトウェア配布 
リモートコントロールリモート接続 
電源管理 (リモートシャットダウン/再起動)
システムマネージャー 
インベントリ管理 
モバイルデバイス管理 
端末設定 
ソフトウェア自動更新の無効化
レポート
備考総合的なエンドポイント管理ソフトとして、組織管理下にあるあらゆるデバイスのセキュリティーと資産を管理します。統合エンドポイント管理ソフトはIT管理者の運用管理業務を効率化して管理業務のコストパフォーマンスを改善します。パッチ管理の対象としてクライアントやサーバーとして利用されているOSと、そのOS上で稼働しているソフトウェアに対するパッチ管理ソフトウェアとして、企業のセキュリティーを守ります。 IT資産管理をスモールスタートでご利用いただけます。

Patch Manager Plusでは、アカウントの作成をしただけですぐにご利用いただけるクラウド版と、自社サーバーにインストールして利用いただけるオンプレミス版の2種類をご用意しております。