Desktop Centralの動作環境・システム要件

クライアント管理ソフト

本製品をインストールするためには、以下の環境が必要です。お客様の環境に合致するか、ご確認ください。
 

  

Desktop Centralオンプレミス版

*配信サーバー、SQLサーバー、セキュアゲートウェイサーバーは、システムの構成や規模などに応じて適宜設置/追加します。Desktop Central オンプレミス版のシステム構成イメージについては、こちらのナレッジをご覧ください。

 

Desktop Centralサーバー

Desktop Centralサーバーの最小ハードウェア要件
管理対象の
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量*NIC通信速度ネットワーク帯域
1-250台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.0 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上5.0 GB 以上1 GBPS
以上
1 MBPS 以上
(T1回線)
251-500台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.4 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上10.0 GB 以上
501-1000台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.9 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上20.0 GB 以上
1000-3000台Intel Core i5 (4 core/8 thread)
2.3 GHz
8.0 GB 以上30.0 GB 以上
3001-5000台Intel Core i7 (6 core/12 thread)
3.2 GHz
8.0 GB 以上40.0 GB 以上
5001-10000台Intel Xeon E5 (8 core/16 thread)
2.6 GHz
16.0 GB 以上60.0 GB 以上
10000台以上お問い合わせください。

* ディスク容量については、配布するパッチやソフトウェアを保存するための容量を含みません。また、使用する機能と頻度によって必要な容量が大きく異なります。そのため、上記の値よりも容量を大きく確保する、あるいは空き容量不足の際に容量を増やすことができるような状態にしておくことを推奨いたします (参考情報として、こちらのナレッジをご覧ください)。

Desktop Centralサーバーは、システム要件を満たす環境であれば、仮想マシン上やAWS、Azureなどのクラウド上に構築することも可能です。

Desktop Centralサーバーを社内に設置してインターネット回線経由でリモート拠点のコンピューターやモバイルデバイスを管理する場合、Desktop Centralサーバー(またはセキュアゲートウェイサーバー)をDMZ上に構築する必要があります。

 

 
Desktop Centralサーバーのソフトウェア要件
項目内容
オペレーティングシステムWindows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 /
Windows Server 2016 / Windows Server 2019 / Windows Server 2022 
対応Webブラウザー*Microsoft Edge (Chromium版)
Mozilla Firefox 44 以上
Google Chrome 47 以上
※推奨解像度:1280 x 1024 以上
対応データベース**

PostgreSQL (製品バンドル)
Microsoft SQL Server 2012 / 2014 / 2016 / 2017
※ Desktop Centralは、AWS上でも上記のSQL Serverに対応しています。

使用するウェブサーバーDesktop Centralは、以下のWebサーバーを使用します。
Apache(製品バンドル)
Nginx(製品バンドル)
Tomcat(製品バンドル)

*対応Webブラウザーは、Desktop Centralコンソール画面にアクセスする際に使用するWebブラウザーの要件です。

**Desktop CentralはPostgreSQLをバンドルしています。必要に応じてMS SQLサーバーを導入し、性能の向上や大規模環境への対応が可能になります。詳細はSQLサーバーの要件をご覧ください。

 

 
配信サーバー*の最小ハードウェア要件
配信サーバー1台当たりの
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量**
1 - 500台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.0 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上6.0 GB 以上
501 - 1000台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.9 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上12.0 GB 以上
1001 - 3000台***Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.9 Ghz 3 MB cache
8.0 GB 以上16.0 GB 以上
3001 - 5000台***Intel Core i5 (4 core/8 thread)
2.3 GHz
8.0 GB 以上20.0 GB 以上

*配信サーバーの設置は必須ではありません。
ただし管理対象のコンピューターが1000台を超える場合、1000台ごとに配信サーバー(分散サーバー)を設置することを推奨いたします。また、1000台未満の場合であっても、リモート拠点などお客様の環境によっては設置が必要になる場合がございます。

**ディスク容量については、Desktop Centralをインストールしたコンピューター上にパッチ等が蓄積するため、上記の値よりも容量を大きく確保にしておくことを推奨いたします。

***配信サーバー1台あたりの管理対象台数は1000台以下を推奨いたします。

 

 
配信サーバーのソフトウェア要件
項目内容
オペレーティングシステムWindows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 /
Windows Server 2016 / Windwos Server 2019 / Windows Server 2022 
 

 
MS SQL Server*の最小ハードウェア要件
コンピューター台数CPUメモリーディスク容量**
3000台以下SQLサーバーを別途設置する必要はありません。
3001 - 5000台Intel Core i7 (6 core/12 thread)
3.2 GHz. 12 MB cache
8.0 GB 以上200.0 GB 以上
5001 - 10000台Intel Xeon E5 (8 core/16 thread)
2.6 GHz. 20 MB cache
16.0 GB 以上250.0 GB 以上
10001 - 15000台Intel Xeon E5 (12 core/24 thread)
2.7 GHz. 30 MB cache
32.0 GB 以上500.0 GB 以上
15001 - 20000台Intel Xeon E5 (14 core/28 thread)
2.7 GHz. 30 MB cache
64.0 GB 以上500.0 GB 以上
20001台以上お問い合わせください。

* Desktop CentralにはPostgreSQLがバンドルされているため、MS SQLサーバーの設置は必須ではありません。
ただし、管理対象のコンピューターが10000台を超える場合は、Desktop Centralサーバーとは別にMS SQLサーバーを設置することを推奨いたします。また、10000台以下の場合でも、SQLサーバーを分けて設置するとパフォーマンスの向上が見込まれます。

** ディスク容量については、上記の値よりも容量を大きく確保する、あるいは空き容量不足の際に、容量を増やすことができるような状態にしておくことを推奨いたします。

※SQLサーバーを別途設置する場合は、MS SQL Server Standard/Enterpriseエディションが必要です。

営業担当へのお問い合せはこちら
 
 

 
セキュアゲートウェイサーバー*のハードウェア最小要件
管理対象の
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量**NIC通信速度ネットワーク帯域
1-250台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.0 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上50.0 GB 以上**1 GBPS
以上
1 MBPS 以上
(T1回線)
251-500台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.4 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上50.0 GB 以上**
501-1000台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.9 GHz 3 MB cache
4.0 GB 以上50.0 GB 以上**
1001-3000台Intel Core i5 (4 core/8 thread)
2.3 Ghz
8.0 GB 以上50.0 GB 以上**
3001-5000台Intel Core i7 (6 core/12 thread)
3.2 Ghz
8.0 GB 以上50.0 GB 以上**
5001-10000台Intel Xeon E5 (8 core/16 thread)
2.6 Ghz
16.0 GB 以上50.0 GB 以上**
10001台以上お問い合わせください

*セキュアゲートウェイサーバーの設置は必須ではありませんが、インターネット回線経由でPC/モバイルデバイスを管理する場合に設置が推奨されます(詳細はこちらのナレッジをご覧ください)。

**必要なディスクサイズは、使用環境によって大きく異なります。

セキュアゲートウェイサーバーを設置する場合は、Desktop Centralライセンスに加えてセキュアゲートウェイサーバーオプションライセンスが必要です。


 
セキュアゲートウェイサーバーのソフトウェア要件
項目内容
オペレーティングシステムWindows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 /
Windows Server 2016 / Windwos Server 2019 / Windows Server 2022 

 

Desktop Centralエージェント

最小ハードウェア要件
CPUメモリーハードディスク容量
Intel Pentium 1.0 Ghz512.0 MB 以上3.0 GB 以上
 

 
エージェントをインストール可能なOS(管理可能なシステム)*
OSサポート対象
WindowsWindows:7 / 8 / 8.1 / 10 /11
Windows Server:2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019 / 2022
MacMac OS:Catalina / Big Sur / Monterey / Ventura
Linux**Red Hat Enterprise Linux 7以降 / CentOS 7 / Fedora 36以降 / Ubuntu 18.04 LTS以降 /  
Debian 8以降 / OpenSUSE Leap15.4以降 / Linux Mint 19以降 / SUSE Linux Enterprise Server 12以降 / Oracle Linux 6以降

営業担当へのお問い合せはこちら

*管理対象PCへのエージェントインストールが必須となります。そのため、エージェントがインストールできない対象をDesktop Centralは管理できません。

**エージェントをインストール可能なOSについて、各OSの最新バージョンの対応可否は別途お問い合わせください。
なおパッチ管理機能のサポートOSにつきましては、対応OS/アプリケーション一覧表のページをご覧ください。

MDM(モバイルデバイス管理)のサポート対象OS

モバイルOSサポート対象
iOS4.0以上
Android4.0以上
iPadOS13.0以上
Windows Phone8.1 / 10
ChromeOS57.0以上
macOS10.7以上
tvOS7.0以上

モバイルデバイスへのリモート制御/リモートビュー機能を使用する場合は、別途要件があります。詳細はこちらのナレッジをご確認ください。

Desktop Central Enterprise Editionでは、Windows OS / Mac OSデバイスをモバイルデバイスとして登録することはできません。詳細はお問い合わせください。

営業担当へのお問い合せはこちら


 
 

Desktop Centralを利用する上で必要なポート

サーバーで使用するポート
サーバー(端末管理・パッチ管理など基本機能)で使用するポート

詳細はこちらのナレッジも合わせてご覧ください。

 

ポート番号目的プロトコル接続
8020エージェントとサーバー間または配信サーバーとサーバー間の通信HTTPサーバーへのインバウンド通信
8383エージェントとサーバー間または配信サーバーとサーバー間の通信HTTPSサーバーへのインバウンド通信
8027エージェントとサーバー間の通信TCPサーバーへのインバウンド通信
8028PostgreSQLへのアクセス
(リモートDBアクセス機能を使用する場合)
TCPサーバーへのインバウンド通信
389Active Directoryのドメインコントローラーとの通信
(Active Directory環境で使用する場合)
LDAPサーバーからのアウトバウンド通信
636Active Directoryのドメインコントローラーとのセキュア通信
(Active Directory環境で使用する場合)
LDAP SSLサーバーからのアウトバウンド通信
25メールサーバーとの通信(メール通知)SMTPサーバーからのアウトバウンド通信
465メールサーバーとの通信(メール通知)SMTP(SSL)サーバーからのアウトバウンド通信
587メールサーバーとの通信(メール通知)SMTP(TLS)サーバーからのアウトバウンド通信

その他の通信では、OSによって定義されるエフェメラルポートを使用します。

 

 
サーバー(ツールとリモート制御)で使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
8031ファイル転送HTTPSサーバーへのインバウンド通信
8032ファイル転送HTTPサーバーへのインバウンド通信
8443リモートデスクトップ共有
システムマネージャー
チャット
HTTPS / UDP(音声・ビデオ通話)サーバーへのインバウンド通信
8444リモートデスクトップ共有
システムマネージャー
チャット
HTTP サーバーへのインバウンド通信
 

 
サーバー(OS配布)で使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
8443OSイメージ作成HTTPサーバーへのインバウンド通信
8444OSイメージ作成HTTPSサーバーへのインバウンド通信
20001マルチキャスト配信
(OSイメージを複数台同時に配布するマルチキャストモード使用時、
239.255.20.20~239.255.20.29のIPアドレスを使用します。)
HTTPSサーバーからのアウトバウンド通信
エージェントで使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
135エージェントのプッシュインストールなどTCP管理端末へのインバウンド通信
139エージェントのプッシュインストールなどTCP管理端末へのインバウンド通信
445エージェントのプッシュインストールなどTCP管理端末へのインバウンド通信
配信サーバーで使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
8021エージェントと配信サーバー間の通信HTTP配信サーバーへのインバウンド通信
8384エージェントと配信サーバー間の通信HTTPS配信サーバーへのインバウンド通信
モバイルデバイス管理(MDM)で使用するポート
ポート
番号
目的プロトコル接続
443FCM/APNs/WNSサーバーへの接続HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
2195FCM(Firebase Cloud Messaging)/APNs(Apple Push Notificationサービス)への接続HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5223モバイル機器のインターネット通信(組織のWi-Fi経由でインターネットに接続している場合)
※IPレンジを17.0.0.0/8に設定することを推奨
HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5228FCMのモバイル機器への接続HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5229FCMのモバイル機器への接続HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5230FCMのモバイル機器への接続HTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5235FCMHTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
5236FCMHTTPS ファイアウォールからのアウトバウンド通信
営業担当へのお問い合せはこちら
 
 

 

Desktop Central クラウド版 (Desktop Central Cloud)

 

Desktop Central Cloud配信サーバー

配信サーバー*の最小ハードウェア要件
配信サーバー1台当たりの
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量**
1 - 500台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.0 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上6.0 GB 以上
501 - 1000台Intel Core i3 (2 core/4 thread)
2.9 Ghz 3 MB cache
4.0 GB 以上12.0 GB 以上
1001 - 3000台***Intel Core i5 ( 4core/8 thread)
2.3 Ghz 
8.0 GB 以上16.0 GB 以上
3001 - 5000台***Intel Core i7 (6 core/12 thread)
3.2 GHz
8.0 GB 以上20.0 GB 以上

*配信サーバーの設置は必須ではありません。リモート拠点などお客様の環境に合わせて設置をご検討ください。

**ディスク容量については、配布するパッチやソフトウェア等を保存する容量を含みません。上記の値よりも容量を大きく確保にしておくことを推奨いたします。

***配信サーバー1台あたりの管理対象台数は1000台以下を推奨いたします。

   

 
配信サーバーのソフトウェア要件
項目内容
オペレーティングシステム Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 
 Windows Server 2016 / Windows Server 2019 / Windows Server 2022 

営業担当へのお問い合せはこちら

 

Desktop Central Cloudエージェント

最小ハードウェア要件
CPUメモリーハードディスク容量
Intel Pentium 1.0 Ghz512.0 MB 以上3.0 GB 以上
   

 
エージェントをインストール可能なOS(管理可能なシステム)*
OSサポート対象
WindowsWindows:7 / 8 / 8.1 / 10 / 11
Windows Server:2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019 / 2022
MacMac OS:Catalina / Big Sur / Monterey / Ventura
Linux**Red Hat Enterprise Linux 7以降 / CentOS 7 / Fedora 36以降 / Ubuntu 18.04 LTS以降 /  
Debian 8以降 / OpenSUSE Leap15.4以降/ Linux Mint19以降 / SUSE Linux Enterprise Server 12以降 / Oracle Linux 6以降

営業担当へのお問い合せはこちら

*管理対象へエージェントを必ずインストールする必要があります。エージェントがインストールできない対象をDesktop Central Cloudは管理できません。

**エージェントをインストール可能なOSについて、各OSの最新バージョンの対応可否は別途お問い合わせください。
なおパッチ管理機能のサポートOSにつきましては、対応OS/アプリケーション一覧表のページをご覧ください。

 

MDM(モバイルデバイス管理)のサポート対象OS

モバイルOSサポート対象
iOS4.0以上
Android4.0以上
iPadOS13.0以上
Windows Phone8.1 / 10
ChromeOS57.0以上
macOS10.7以上
tvOS7.0以上
営業担当へのお問い合せはこちら


 
対応するWEBブラウザー*
  • Microsoft Edge (Chromium版)
  • Mozilla Firefox 44 以上
  • Google Chrome 47 以上

*解像度は1280 x 1024 以上が必要です


営業担当へのお問い合せはこちら