UEM(統合エンドポイント管理)とは?メリットと特長を早わかり

統合エンドポイント管理(UEM)の基本と効率化する方法

UEM(統合エンドポイント管理)とは?

1.UEMとは?

UEM(Unified Endpoint Management)とは、「統合エンドポイント管理」とも呼ばれ、組織内のすべてのエンドポイントを一元的に管理する包括的なアプローチです。具体的には、PCやタブレット、スマートフォン。さらにはプリンタやIoT機器など、ネットワークに繋がっているすべてのエンドポイントがUEMの管理対象となります。

2.MDMとの違い:UEMが必要な理由

デバイス管理としては、MDM(Mobile Device Management)「モバイルデバイス管理」が知られています。MDMはあくまでもスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスが管理の対象です。しかし現在、組織で利用されるIT資産は急速に増加しています。PCやタブレット、スマートフォンなどエンドポイントの種類や台数が増え、すべてのIT資産を管理することがより困難になっています。また、様々なOSや遠隔地で利用されるデバイスなどが混在しているため、管理がさらに複雑になりました。巧妙化し続けるサイバー攻撃や内部不正などのリスクから社内ネットワークを守るために、より高度なクライアント端末管理が求められています。

3.UEMの包括的なアプローチ:UEMでできることは?

UEM(統合エンドポイント管理)の包括的なアプローチの特長が、「デバイスの管理」と「ソフトウェア/アプリケーションの管理」の両方ができることです。一般的には、セキュリティアップデートやパッチ管理、ハードウェア/ソフトウェアのインベントリの自動追跡、ログ管理、モバイルデバイス管理、ソフトウェア/OSの展開、リモートコントロール、ソフトウェアライセンス管理などIT部門が適切に管理・対応できる機能を揃えています。このように、統合エンドポイント管理ツールには、10以上の異なる機能セットが含まれています。これらの機能は、日々のIT管理業務のプロセスを効率化させ、Windows、Mac、Linux問わず、多様なデバイスの管理を実現します。


UEM(統合エンドポイント管理)ソリューションの特長/導入のメリット

単一コンソールから簡単管理

単一コンソールから管理が可能なため、複数のプラットフォームを行き来したり、複雑な連携や統合を行ったりすることを回避できます。また、複数のレポートをまとめたり比較したりする手間も省けます。

単一コンソールから簡単管理

ITセキュリティの向上に貢献

セキュリティ対策は、あらゆる組織にとって優先度の高いものです。最近ではテレワークが普及する中で、在宅PCを狙ったサイバー攻撃が注目されています。統合されたエンドポイント管理ソリューションは、IT管理者がすべてのエンドポイントにおける疑わしい活動を簡単に追跡することができます。

ITセキュリティの向上に貢献

可視性の向上

組織は、UEMソフトウェアを利用して、IT資産の在庫や使用状況、脆弱なシステムなどの一元的な管理を実現します。この可視性により、コスト削減を可能にするだけでなく、トラブルシューティング、診断、問題解決をリモートで行うことができます。

可視性の向上

包括的な統合エンドポイント管理(UEM)ソリューション

Endpoint Centralは、自動化された高度な統合エンドポイント管理を実現します。IT部門の作業負荷を大幅に軽減し、迅速なトラブルシューティング、生産性とセキュリティの向上、コスト削減を可能にします。

クラウドでの統合エンドポイント管理(UEM)

Endpoint Centralはオンプレミス版・クラウド版から選択可能です。クラウド版では、リモート環境でも管理がしやすく、管理環境構築のためのセットアップやサーバーメンテナス作業を軽減することができます。
オンプレミス版からクラウド版への移行も可能です。

※クラウド版・オンプレミス版 機能差あり

包括的な統合エンドポイント管理(UEM)ソリューション

Endpoint Central が実現する統合エンドポイント管理(UEM)

  •   モバイルデバイス管理

    モバイルデバイス管理

  •   ソフトウェアの配布

    ソフトウェアの配布

  •   パッチ管理

    パッチ管理

  •   インベントリ管理

    インベントリ管理

  •   unified-endpoint-management-icon-5

    リモートコントロール

  •   unified-endpoint-management-icon-6

    レポートと分析

  •   unified-endpoint-management-icon-7

    USBデバイス管理

  •   電源管理

    電源管理

こちらもおすすめ

総合的なパッチ管理ソリューション
Patch Manager Plus

・自動パッチ管理
・カスタマイズ可能な配布ポリシー
・850種類以上のサードパーティアプリケーションのパッチ配布
・クロスプラットフォームのパッチ管理をサポート

顧客からの評価

Gartner Peer Insightsにおいて評価4.4 !

Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Unified Endpoint Management, Peer Contributors, 5 January 2021
GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICE のバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.
Gartner Peer Insights Customers’ Choice は、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、Gartner またはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。

Gartner® Peer Insights™ において
評価4.4/5.0

※ManageEngine Endpoint Central by ManageEngine in Unified Endpoint Management Tools, based on 677 reviews, as of October 20, 2022

Gartner及びPeer Insightsは、Gartner Inc.及び/又はその関連会社の商標です。許可なく使用することはできません。
Gartner Peer Insightsのコンテントは、個々のエンドユーザーによる自身の経験に基づく意見から構成されており、事実を表明するものとして解釈されてはならず、Gartner又はその関連会社の見解を表したものでもありません。Gartnerは、このコンテントに示されたベンダー、製品又はサービスを推奨するものではなく、このコンテントについて、明示又は黙示を問わず、商品適格性又は特定目的への適合性の保証を含め、その正確性又は完全性に関するいかなる保証を行うものでもありません。