ホスト追加とログ収集の設定手順

Windows イベントログ&Syslog管理ツール

EventLog Analyzer ホスト追加とログ収集の設定手順

EventLog Analyzerを起動してからホストを追加しログ収集を設定する

WindowsホストおよびSyslogホストからログを収集する設定を紹介します。

Windowsホストからログを収集する
Windowsホストを追加する
ホストのスキャンを利用するには、管理者権限のあるユーザーでログインする必要があります。
  • ホスト追加ページから、ホストタイプよりWindowsを選択します。
  • ホスト名に複数のホスト名を指定する場合は、カンマ区切りで入力します。
  • ホストグループを選択します。新しいホストグループを作成する場合は、ホストグループアイコンをクリックします。
  • ネットワーク上のドメインからスキャンしたホストを選択する場合は、ホストスキャンリンクをクリックします。
  • ドメイン管理者権限のあるユーザーを利用する場合は、ドメインユーザーとしてログインチェックボックスを選択します。
  • お探しのホストが見つからない場合は、所属するドメインのドメイン再スキャンを実行します。
  • お探しのドメインが見つからない場合は、すべてのネットワークを再スキャンするためにネットワークの再スキャンを実行します。
  • 管理者ログイン名とパスワードを入力します。
  • ログイン認証の確認をクリックすることで、ホストへの権限があるかどうか確認することができます。
  • スキャン間隔を選択し、Windowsホストからログを取得する時間間隔を設定します。
  • 保存をクリックして設定を保存します。ホストの追加を続ける場合は、追加をクリックします。
Windowsホストからのログ収集設定
履歴ログの収集には、CPUとメモリーリソースを集中的に消費するのでご注意ください。
  • ホスト追加ページの右上にある「ログの収集」アイコンをクリックし、ログの収集 ウィンドウを開きます。
  • イベントビューアーに存在するすべてのログを収集する」選択ボックスを有効にした場合、イベントビューアーに存在する履歴ログを収集します。
  • 「イベントビューアーに存在するすべてのログを収集する」選択ボックスを無効にした場合、ホスト追加時の時間からのログを収集します。
Unixホストからログを収集する
Unixホストを追加する
  • ホスト追加ページから、ホストタイプよりUNIXを選択します。
  • ホスト名に複数のホスト名を指定する場合は、カンマ区切りで入力します。
  • ホストグループを選択します。新しいホストグループを作成する場合は、ホストグループアイコンをクリックします。
  • EventLog Analyzerのsyslogリスナーポートを514から変更する場合は、新しいポート番号をsyslog、あるいはsyslog-ngを送信する装置(Cisco、UNIX、HP-UX、Solaris、IBM AIX等)側の設定も変更します。
  • 保存をクリックして設定を保存します。ホストの追加を続ける場合は、追加をクリックします。

ホスト追加に関する詳細情報は、こちらのホスト情報をご覧ください。

UNIXホストでのsyslogサービスの設定
  • rootユーザーとしてログインし、/etcディレクトリにあるsyslog.confファイルを開き、 *.* <@server_name> を最終行に追加します。<server_name>は、EventLog Analyzerが起動している装置名です。
  • /etcディレクトリにあるservicesファイルを編集します。 EventLog Analyzerのsyslogリスナーポートである514へ変更します。異なるポート番号を入力する場合は、EventLog Analyzerにホストを追加する際に同じポート番号を入力します。
  • 次のコマンドを使ってホスト上のsyslogサービスを再起動します。 /etc/rc.d/init.d/syslog restart
評価期間中に困ったら

EventLog Analyzerでは、製品導入や構築・運用に役立つドキュメントが用意されています。

ユーザーガイドユーザー向けのヘルプドキュメントです。
イベントレポート作成方法、アラートプロファイルの登録方法、システム設定などが記載されています。
よくあるご質問(FAQ)EventLog Analyzerユーザーからよせられる頻度の高いお問い合わせへの回答を公開しています。
ソリューションナレッジベースソリューションナレッジベースでは、EventLog Analyzerの機能について詳細な使用方法や問題発生時の回避策をご紹介しています。