動作環境、システム要件

動作環境、システム要件

EventLog Analyzer の動作環境、システム要件

ハードウェア要件 | ソフトウェア要件 | ログ解析のパフォーマンス | ログの収集対象 | データベースのパフォーマンス改善 | 関連リンク

ハードウェア要件

最小構成

 CPUメモリー※ディスク
空き容量※
64 bit64 bit (x64) Xeon LV Processor 2.8 GHz 以上4 GB RAM50 GB

※OS依存分は除きます。

ご注意:EventLog Analyzerビルド11025よりシングルコアは非対応となりました。
アーカイブログ目安値

下記は、EventLog Analyzer をインストールするシステムのディスク空き容量とRAM サイズの目安値です。 EventLog Analyzer にログを送信するホスト数と、1秒間に受信するログのレコード数または1日に受信するログのサイズによって、必要となる容量が異なります。

以下のテーブルに表示されているデータは、100ホストの場合で平均ログサイズは500バイトとして計算したものです。

1秒間に受信するログレコード数
or
1日に受信するログサイズ
RAM毎月のログアーカイブに必要な空き容量
100/秒 or 4 GB/日2 GB85 GB
500/秒 or 20 GB/日4 GB400 GB
1000/秒 or 40 GB/日8 GB800 GB

※ 以下の計算表から必要な空き容量のシミュレーションを行うことが可能です。

 
EventLog Analyzer ディスク容量 計算表
 

 想定容量が下に表示されます

10GB

※想定容量値:データベースに必要な容量については、アーカイブとindexesデータの総量を2倍したものとして計算し、安全率を1.3倍とし算出しています。

ソフトウェア要件

オペレーティングシステム要件
ビルド11120、11121、11200、11210、12000、12010
OS64bit
Windows 7
Windows 8
Windows 10
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
CentOS 5
CentOS 6
CentOS 7

ビルド11070

OS32bit64bit
Windows 7
Windows 8
Windows 10
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2-
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2-
Windows Server 2016-
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
CentOS 5
CentOS 6
CentOS 7
ビルド11050、11051
OS32bit64bit
Windows 7
Windows 8
Windows 10
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2-
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2-
Windows Server 2016-
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
CentOS 5
CentOS 6
CentOS 7
Webブラウザー要件
ビルド11120、11121、11200、11210、12000、12010
ブラウザー名ビルド11120、11121
Internet Explorer 11×
Firefox40以降
Google Chrome45以降
Microsoft Edge
ビルド11070
ブラウザー名ビルド11070
Internet Explorer 11
Firefox40以降
Google Chrome45以降
Microsoft Edge
ビルド11050、11051
ブラウザー名ビルド11050、11051
Internet Explorer 11
Firefox40以降
Google Chrome45以降
ログ解析のパフォーマンス

下記はEventLog Analyzerのログ解析のパフォーマンスに対する目安値です。

※解析可能なレコード数は、サーバーのスペックなどにより変動する可能性があります。

ログ種別解析可能なレコード数
Windowsイベントログ1000/秒
Syslog7000-10000/秒
ログの収集対象

EventLog Analyzerのログの収集対象は以下の通りです。

OSWindowsServer 2008、Server 2008 R2、Server 2012、Server 2012 R2、Server 2016
LinuxRed Hat、Devian など
UnixSolaris、HP-UX など
仮想サーバーMicrosoft Hyper-V,VMWare ESXi
デバイスなどスイッチ、ルーター、IBM AS/400 V5R1 - V5R5 / V6R1
アプリケーション
(日本語未対応)
Oracle 10G Release 2 (10.2.0.3)、Print Server、MS IIS W3CWeb/FTP Server、MS SQL Server、DHCP Windows/Linux、任意形式のログ

*WindowsNTからイベントログを収集するには、WindowsNTにWMIコアがインストールされている必要があります。

*WindowsのSnare For Windows エージェントから転送されたsyslog を 受信すると、Windowsホストとして表示されます。

PDFでダウンロード

データベースのパフォーマンス改善

データベースのパフォーマンス改善方法については、以下のURLをご参照ください。

関連リンク