Cisco CBQoSの監視とレポート生成

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

Cisco CBQoS の監視とレポート生成

CBQoS とは何か?

CBQoS は、IOS 12.4(4)T 以降に搭載された、Cisco の機能です。これは、適用される QoS と、企業ネットワーク内のクラスベースのトラフィックパターンに関する情報を提供します。

なぜ必要か?

ネットワーク管理者にとってもっとも重要なのは、業務上重要なアプリケーションが最優先されるようにすることです。通常、ネットワークは、すべてのトラフィックが均一に優先され、均一に転送される、ベストエフォート型転送に基づいて運用されています。混雑が発生すると、すべてのトラフィックは均一に低下する可能性があります。あるいは、特定のトラフィックが優先される場合は、必要に応じて適切な QoS ポリシーを適用することができます。

ネットワーク管理者は、QoS ポリシーを実施して、業務上重要なアプリケーションがネットワークで最優先されるようにします。CBQoS は、ネットワークパフォーマンスの予測可能性を高め、帯域使用率をより効率化します。CBQoS 監視は、リンクに適用されたポリシーと、様々なクラスの監視トラフィックのパターンを視覚化します。

NetFlow Analyzer はどのように役立つのか?

ManageEngine NetFlow Analyzer は、Cisco CBQoSをサポートしており、配布している QoSポリシーに関するレポートを生成します。レポートでは、ポリシー以前、ポリシー以後、様々なクラスのトラフィックの低下がキューイングとともに表示されます。こうしたディープレベルの CBQoS 監視は、QoS ポリシーの検証に役立ちます。NetFlow Analyzer で表示されるレポートに基づいてポリシーを変更することができます。これは、QoS ポリシーバリデーションにとって最も便利なツールなのです。

動画

CBQoS レポート生成の使用例

世界中にある数多くの企業に業務通信ソリューションを提供している、ある一流の電気通信企業があるといます。主要な業務機能のベンダーとしてのこの企業のプレゼンスは世界的であり、すべての大陸の16カ国に設置されたオフィスで働く10万人以上の従業員がいます。この企業は、カスタマーサービスに厳格なポリシーを適用しており、顧客の問題はすべて真剣に取り扱われます。

数多くのサポートエンジニアが、顧客とのやり取りに応じて、頻繁にセントラルデータベースにアクセスします。彼らは24時間体制で技術サポートを提供するため、非常に多くのデータをセントラルデータベースにダンピングする必要があります。企業ネットワークは彼らの屋台骨であり、顧客とのやり取りでは常にこのネットワークに頼る必要がありました。

ある特定のロケーションで、特殊な問題が発生しました。午後1時から午後3時のあいだに、データベースへのアクセスが非常に困難になったのです。遅延が発生し、しばしば数分間画面が停止し、技術サポートエンジニア、特に激怒した顧客に対応するエンジニアは非常に困難な状況に置かれました。

ネットワーキングチームは、このような特定の時間帯における遅延の原因を特定することができずに困り果てています。問題がなくならないため、インターネットサービスプロバイダーに電話して、所定の帯域を割り当てているか確認するように依頼しました。ですが、ISP には何の問題もなかったのです。そのため、問題が内部にあることがわかりました。

ネットワーク内で何が起こっているのかを把握することのできるツールが必要になりました。ネットワークを視覚化するために、彼らは、特定の重要なインターフェイスを監視するために、ManageEngine NetFlow Analyzer を選びました。買うかどうかわからないものに投資するつもりはなかったため、30日間無料で試すことのできる NetFlow Analyzer は良い選択肢でした。

ネットワークを監視すると、驚いたことに、多くの従業員がランチタイムに動画と音楽配信を利用していることがわかりました。別の従業員は、その時間帯に Farmville というゲームをプレイしてくつろいでいました。これが、NetFlow Analyzer のレポートにより判明したのです。

当然、ネットワーキングチームは、データベースや CRM、VoIP などの業務上重要なアプリケーションを最優先にしました。Farmville や動画配信サイトでの休憩によって帯域を消費されることで、重要なアプリケーションを使用するサービスの質を低下させることはできなかったのです。

CBQoS ポリシーはすみやかにリセットされ、業務時間中にゲームや動画配信を利用することを控えるように求められました。このポリシーの効率は、NetFlow Analyzer の CBQoS でも計測することができます。ポリシーのリセットはネットワークに多大な影響を及ぼしました。データベースへのアクセスが非常にはやくなり、顧客にすばやく対応できるようになりました。もう問題は怒らなかったのです。

ネットワーク管理者は、業務の生産性を高めるアプリケーションがネットワークでもっとも優先されるようにすることのできる、非常に効率的なそりーションを見つけ出したのです。

ダウンロード|インタラクティブデモ|製品概要動画

NetFlow Analyzer は、NetFlow、sFlow、JFLow (およびその他) を収集し、分析する一体型のエンジンです。NetFlow Analyzer は、ハードウェアプローブを必要としないため、ダウンロードし、お客様の環境で使用して、30日間お試しいただくことができます。次の便利なリンクから、NetFlow Analyzer がネットワークトラフィックと帯域使用率を理解するのにいかに役立つかということを詳細にご覧いただけます。