レポート

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

豊富なレポート機能

レポート

レポート生成

NetFlow Analyzer で収集したフローデータを用いて、以下のようなレポートを生成することができます。ネットワークトラフィックの分析に役立ちます。

また、フローデータを利用しない情報収集とレポート機能もあります。

 

リアルタイムトラフィックグラフ

トップレポート(ホスト/アプリケーション/通信)

帯域レポートでは、どのホストがインターフェースを通過する 最大帯域を占有しているかを、一覧表示とグラフで分かりやすく表示します。

トップレポート(ホスト/アプリケーション/通信)

トラブルシューティングレポート

ネットワークのトラブルシューティングレポートを利用すれば、ネットワーク上の障害発生時に、障害解決速度を向上することができます。レポート機能では、ニーズに応じて基準を選択してレポートを生成することができます。このレポートは、ローデータから生成しますので、選択された期間のそれぞれのフローを参照することができます。ドロップダウンから条件を選択し、さらに「どれか1つの条件に一致」か「すべての条件に一致」かといった条件も合わせて選択可能です。

Troubleshoot reports - NetFlow Analyzerトラブルシューティングレポート

統合レポート

特定のデバイスやインターフェースに関するトラフィック情報はすべて統合レポートに表示されます。このレポートで、容量、可用性、速度などのきわめて重要な情報が得られます。レポートは、PDF形式やCDV形式でエクスポート可能です。これらのレポートにより、一定の期間に関する限りでは高い柔軟性を提供します。これらのパラメーターを監視する期間を選択することができます。

統合レポート

比較レポート

比較は、性能を計る上で重要な指標になります。比較レポートにより、指定した時間において複数の装置を容易に比較することができます。これにより、一定時間帯で異なるデバイスがどのように稼働しているかを計測することができます。比較レポート機能では、さらに時間帯ごとの比較も可能です。同じ装置でも、異なる時間帯においては異なるパフォーマンスをするでしょう。ネットワーク内のトラフィックパターンはいつも同じではありません。トラフィックがピークに達する特定の重大な時間帯があります。これにより、ネットワーク上の重要なデバイスに直接影響するかもしれません。同一の装置を、トラフィックパターンによって異なる時点で監視することが非常に重要になってきます。比較レポートでは、2つの重要なパラメーターを分析することができます。

consol reports統合レポート

検索レポート

レポートの検索機能により、必要に応じて抽出したい種類のネットワークトラフィック情報を容易に見出すことができます。下記の10の抽出条件から3つを選択し、レポートを生成することができます。

  • 送信元アドレス
  • 送信元ネットワーク
  • 送信元ノード
  • 送信先アドレス
  • 送信先ネットワーク
  • 送信先ノード
  • アプリケーション
  • ポート
  • ポート範囲
  • DSCP
Search reports in netflow analyzer検索レポート

QoSレポート

ASトラフィックレポート

IPマルチキャストレポート

IPマルチキャストトラフィックに関する情報をまとめて表示することができます。IPユニキャストトラフィックとIPマルチキャストトラフィックが混在している環境において、マルチキャストトラフィックの情報を切り分けて表示することができます。マルチメディアサービスの提供など、マルチキャストを常時利用している環境では、帯域占有状況を容易に確認できるようになります。

IPマルチキャストレポートIPマルチキャストレポート

キャパシティプランニングレポート

帯域利用の平均値に対する標準偏差、一定期間毎の平均使用量の変化といった、ネットワーク内で起こる、ビジネスに影響するトラフィック増加を予測し、帯域幅を増強するかどうかを決定するための情報をレポートとして表示します

NetFlow Analyzer キャパシティプランニングレポート画面キャパシティプランニングレポート画面

レポートのプロファイル

ToS/DSCP/IPアドレス/プロトコルなどの値でフィルタ条件を設定した、カスタムレポートを作成することができます。 1つのプロファイルにおいて、デバイス毎に種々のレポートを見ることが可能です。

レポートのスケジュール