ネットワークトラブルシューティングに必要な運用とは

NetFlow・sFlow対応フローコレクター

ネットワークトラブルシューティングに必要な運用とは

企業などのネットワーク管理者で、従業員からの「ネットワークが止まっています」や「ネットワークが遅くて仕事になりません」といった問い合わせを受けている方は少なくありません。このような障害はネットワーク帯域の輻輳が原因で起こることがあります。輻輳の原因を特定するためには、ネットワークトラフィックの内訳情報を収集し分析する運用が求められます。内訳情報は、「どこから・どこに・いつ・どのくらい・どのような」通信を使ったかという情報のことを指しており、この運用を迅速に行える手段を保持おくことがネットワークのトラブルシューティングには求められます。

内訳情報を収集するために便利な技術とは

トラフィックの内訳情報を調査する際に活用される技術にパケットやログの解析があります。しかしこれらは、調査はできるものの、専門的な知識が不足していたために知りたい情報を見つけることができないといった問題や、情報の収集と集計に膨大な時間がかかるといった問題があります。そのため、これらを継続的に活用するハードルを高いと感じている管理者は少なくありません。

その問題を解決するのが、今、広く普及が進んでいるフロー技術です。フロー技術とは、シスコ社が通信の内訳情報を可視化することを目的に開発した技術であるNetFlowに代表される技術で、NetFlow以外にも、sFlowやAppFlowなどがあります。

ネットワーク機器に搭載されたフロー技術がパケットから、送信元IPアドレス、宛先IPアドレス、TCP/UDPポート送信元番号、TCP/UDPポート宛先番号、L3プロトコル、Tosバイト(DSCP)、入力インターフェースなどの情報を持つフローデータを生成します。

フロー情報を手軽に活用できるツール「フローコレクター」

フロー技術によるトラフィックの可視化をはじめるためには、NetFlowやsFlowに対応したネットワーク機器の他に、フローデータを収集し、可視化するツールが不可欠です。それがフローコレクターです。ネットワークモニタリングの強化に活用されることが多いため、しきい値を超えた場合のメール通知などにも対応しており、今、多くのネットワーク管理者がSNMPマネージャーに加え、フローコレクターの導入を進めています。

管理画面がシンプルでわかりやすいフローコレクター

ManageEngineが提供するNetFlow AnalyzerはNetFlow、sFlowに対応したフローコレクターです。運用に乗せやすいシンプルで分かりやすい管理画面が特長で、誰でも簡単にドリルダウンしながら、輻輳の原因となっている通信をIPアドレス単位で特定できます。

ツールについて詳しく知りたいという方はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

さらに、NetFlow Analyzerには、トラブルシューティングで活用することを目的としたレポート「フォレンジックレポート」を搭載しています。ネットワーク帯域を詳細に分析するためのツールで、最も消費しているユーザー、アプリケーション、プロトコルを、簡単操作ですばやく特定します。ネットワーク輻輳の原因調査はもちろんのこと、将来のネットワーク帯域の予測に役立ちます。

障害再発防止のための原因分析を実現

時間をさかのぼって特定のネットワーク使用が増大した理由を調べることができます。トラブルシューティングレポートを使用し、将来のネットワーク負荷を予測することや、予期しないネットワーク動作を回避できます。

これまでのネットワーク監視ツールは、ネットワーク障害を発見し、ユーザーに影響が及ぶ前に対処することを目的としたものが一般的でした。トラブルシューティングレポートを使用して障害発生時を分析し、障害発生後の対処だけではなく、今後の障害再発防止のためのアクションを実行しやすくします。

トラブルシューティングレポート(フォレンジックレポート)では、トラフィック、アプリケーション、発信元アドレス、宛先アドレス、DSCPなどの特定のパラメータを表示します。これにより、ネットワークの問題と異常の根本原因を特定し、トラブルシューティングを迅速に行うことができます。

レポートでは、表形式またはグラフ形式で、指定期間のトラフィック、アプリケーション、送信元、宛先、通信を表示できます。

※トラブルシューティングレポート(フォレンジックレポート)を効果的に使用するには、大容量ローデータ解析・保存のためのHighPerfオプションの使用することをお勧めします。

NetFlow Analyzerは、NetFlowやsFlow、IPFIX、AppFlowなどの各種フローデータを分析・処理します。どのアプリケーションがネットワーク帯域をどのように使用しているか、だれが、いつ、どのようにネットワークに負荷をかけているかなどの情報を簡単に可視化できます。

関連機能

ツールについて詳しく知りたいという方はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版