ネットワークの帯域調査や障害の原因切り分けに役立つ機能

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

ディープパケットインスペクションとは何か?

ディープパケットインスペクション(DPI)は、アプリケーショントラフィックを監視し、アプリケーション配信の問題を分析し、トラフィックフローを最適な状態に調整する、最も正確な技術です。DPIのパケットレベル分析により、キャパシティプランニングとより良いネットワークパフォーマンス管理に関して、賢明な判断を行うのが簡単になります。また、シングルビューで表示される(ネットワークおよびアプリケーションの)完璧なトラフィックの図により、パフォーマンスに関連する問題の根本原因が何であるかを特定します。

NetFlow Analyzer のディープパケットインスペクションは、ネットワークフローからパケットを採取して、パケットキャプチャ(PCAP)ファイルを分析することを可能にします。DPI機能は、パケットレベルの分析に依拠して、ネットワークとアプリケーションのいずれに問題があるかを判断し、問題がエンドユーザーに影響を及ぼす前にすばやく対処します。これにより、管理者が、企業のネットワークにおけるアプリケーショントラフィックの量を視覚的に確認できるようにすることで、応答時間の詳細によってアプリケーションパフォーマンスの問題を診断して、パフォーマンス低下問題の根本原因を絞り込むのに役立ちます。

DPI では次のことができます:

  • NRTとARTを比較して、ネットワーク側とアプリケーション側のいずれに遅延があるかを特定
  • 遅延しているアプリケーションの影響を受けているユーザーのリストを取得して、事前に連絡
  • アプリケーションの可用性を向上させて、SLAを達成
  • 誰が帯域を使用しているかを把握して、トラフィックシェーピングで調整
  • 履歴データに関するレポートを取得して、フォレンジックを実行

パケットレベルの分析によるリアルタイムのネットワークトラフィック管理

パケットレベルの分析によるリアルタイムのネットワークトラフィック管理
応答時間ダッシュボード
アプリケーションとネットワークの応答時間
アプリケーショントラフィックボリューム
通信レポート
高度なフォレンジック
応答時間ダッシュボード

トップアプリケーションの応答時間とトラフィックボリュームの図で、アプリケーションパフォーマンスの詳細を一目で把握。

アプリケーションとネットワークの応答時間

特定のアプリケーションのシングルビューでアプリケーションとネットワークの応答時間の図を確認して、障害を正確に特定し、ネットワーク/アプリケーションの可用性を改善。

アプリケーショントラフィックボリューム

アプリケーショントラフィックに関するより正確なレポートが、帯域の問題をトラブルシューティングし、いずれの顧客またはアプリケーションが優先帯域を使用するべきかを判断するのに役立ちます。

通信レポート

通信レポートは、絞り込みを行って、トップユーザーとアプリケーション間の通信およびユーザーのその他の詳細を把握し、問題を理解してより良く調整するのに役立ちます。

高度なフォレンジック

問題の根本原因を把握するための詳細なレポートオプションを備えたフォレンジックレポートを生成し、問題の背後にある原因を特定して、再発を防ぎます。

アプリケーション概要のページ

各アプリケーションの応答時間とトラフィックを完璧に把握して、業務上重要なアプリケーションが適切に優先されているかを確認します。