NetFlow Generator機能|NetFlow Analyzer - ManageEngine

NetFlow Genarator機能

NetFlow Generatorとは、フロープロトコル対応機器がないネットワーク環境でも、フロー監視と同等のトラフィック監視を可能にする、NetFlow Analyzerの無料オプション機能です。NetFlow Generatorでは、フロープロトコル非対応の機器からミラーリングで生パケットを受信し、フローフォーマットデータに変換します。NetFlow Analzyerではそのフローデータを受信し、フロープロトコル対応環境で実施するフロー監視と同等のトラフィック監視を可能にします。
フロー監視のためにネットワーク機器を新調する必要がないため、コストの面でも手軽にフロー監視を始められます。

→フローによるトラフィック監視とは

仕組み

netflow-generator

約3つの手順で、NetFlow Generatorは詳細なトラフィック解析を実現します。

  1. ポートミラーリング技術により、ネットワーク機器を通過する生パケットを同一ネットワーク機器の1つのポートに転送します。上記の画像では、フロー非対応のネットワーク機器を通過するパケットを、緑色のポートにミラーリングを行い、転送しています。そして、そのポートからNetFlow Generatorにパケットが送付します。
  2. NetFlow Generatorは、フロー非対応のネットワーク機器から受け取ったパケットをフローデータのフォーマットへ変換します。その後、フローデータの解析ツールであるNetFlow Analyzerへフローデータを送付します。
  3. NetFlow Analyzerでは、NetFlow Generatorから受け取ったフローデータを可視化します。これにより、ユーザーは複雑な操作を行わなくても、詳細なトラフィック解析を実施できます。

NetFlow Generatorの管理画面

NetFlow Analyzerの画面上で、NetFlow Generatorとの接続状況などを参照することが可能です。

netflow-generator
◆各項目の解説

名前:NetFlow Generatorに設定する任意の名称
IPアドレス:NetFlow Generatorが稼働しているサーバーのIPアドレス
Build Number:インストールされているNetFlow Generatorのバージョン
ステータス:NetFlow Generatorとの接続状況
最終接続日時:NetFlow AnalzyerがNetFlow Generatorから最後にフローデータを受け取った日時
Flow processing:NetFlow Generatorの管理/非管理を操作
アクション:各種編集/削除

ご利用に際する留意事項

  • NetFlow Generatorのご利用手順はこちらをご覧ください
  • NetFlow GeneratorはNetFlow Analyzerとの併用でのみ利用可能です。
  • NetFlow GeneratorとNetFlow Analyzerは、それぞれ別サーバーへのインストールが必要です。
  • NetFlow Generatorは、NetFlow Analyzerの製品画面やナレッジベース、もしくはヘルプページからダウンロードが可能です。
  • NetFlow Generatorを介したトラフィック監視を行う場合、トラフィックの情報はすべて「IN情報」としてまとめられます。
  • NetFlow Generatorは、フロー非対応機器での利用を前提としています。

NetFlow・sFlow非対応環境でもトラフィック可視化を手軽に実現!

NetFlow Generatorの解説ホワイトペーパー製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

関連ページ