トラフィックレポート

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

障害解明と増強計画に有効なトラフィックレポート

トラフィックレポート(NetFlow/sFlow/IPFIX)

NetFlow Analyzer では、あらかじめ設けられた豊富なトラフィック分析レポートを利用することができます。これにより、より詳細な帯域利用量の統計を確認でき、ボトルネックの原因となっている特定のホスト/アプリケーション/通信についてより綿密に掘り下げることができます。NetFlow / sFlow / IPFIX などに基づくレポートが生成されます。現時点で混雑しているリンクを即時に表示するだけでなく、NetFlow Analyzer はさらに、様々な時間帯における 帯域利用傾向を監視 し、トレンドを把握することで、キャパシティプランニングやセキュリティポリシー実施についての重大な決断を下す際に役立ちます。

トラフィック利用量レポート

NetFlow analyzer は、現時点/平均/ピーク時のインターフェースのトラフィック利用パターンを表示します。特定のインターフェースが利用可能帯域のうち、どのくらいを使用しているかを即時に可視化することができます。 これにより、効率的な帯域監視 を実現します。

Traffic graphトラフィック利用量レポート

履歴レポート

帯域利用量についてのトラフィックレポートを日次/週次/月次で表示します。ホスト/アプリケーション/指定期間の利用状況の傾向を監視することができます。過去の時点の 帯域利用量の監視 も可能です。

トラフィックのプロファイル管理

NetFlow Analyzer では、さまざまな期間でのトップアプリケーション/トップホスト/トップ通信についてのレポートを確認し、ドリルダウンして、より詳細なデータを把握することも可能です。誰が何の目的で最大帯域を利用しているかを、一目で把握することが可能です。

カスタムレポート

特定のホスト/アプリケーション/通信のトラフィックの詳細を確認することが可能です。誰が、いつ 、どの アプリケーションのために、どの位の期間 帯域を占有していたのかという関連情報を把握することができます。

Host-based graphカスタムレポート

サブネット、およびIP 範囲に基づくレポート

特定のサブネットや 特定のIPアドレスの範囲のトラフィックレポートを確認することができます。ネットワークやサブネットごとの帯域利用量を監視し、利用量がピークの時間帯やあるユーザー群の標準的な利用状況傾向を特定することが可能です。

インターフェースレポート

異なる期間での、各インターフェースの全体的な帯域利用状況のサマリを確認することができます。ピーク時のインターフェース使用率の統計から、ネットワークのボトルネットを容易に解決することができます。

解決可能なホストアドレス

すべてのトラフィックレポートは、名前解決可能な送信元と宛先のIPアドレスを含み、Webサイトやホストから/までの帯域統計を即時に表示します。

Application-based graph名前解決可能なホストアドレス

変数表示

トラフィックの容量 (Kb)、トラフィック レート(bps)、リンク使用率(%)の各単位でトラフィックグラフを表示します。

レポートのエクスポート

インターフェイス上で帯域監視ができるだけでなく、グラフやレポートをPDFファイルとしてエクスポートして保管することも可能です。