トラフィック監視機能|NetFlow Analyzer - ManageEngine

トラフィック監視機能

NetFlow Analzyerでは、ネットワークトラフィックを詳細に監視するための、さまざまな機能を提供しています。当ページでは、各機能の概要をご紹介します。

トラフィック可視化

トラフィック可視化機能では、ネットワーク帯域を流れるトラフィックに関する情報を様々な視点で、詳細に可視化できる機能です。以下のような視点でトラフィック量を可視化できます。

  • 送信元IPアドレス別
  • 宛先IPアドレス別
  • アプリケーション別
  • プロトコル別
  • QoS別

>>詳しくはこちら:トラフィック可視化機能

function-net-traffic

マウス操作だけ!NetFlow・sFlowを活用して
NetFlow Analyzerでトラフィック可視化を実現する流れ

\ こんな考えをお持ちの方におすすめ /
① ネットワーク障害発生時の原因究明にかかる時間を短縮したい!
② トラフィックの可視化をマウス操作だけで手軽に実現したい!

ホワイトペーパー

QoS監視

QoS監視機能では、設定されているDSCPに関連するトラフィック情報について、送信元IPアドレスと以下の情報の組み合わせでトラフィック量を把握できます。

  • 宛先IPアドレス
  • アプリケーション
  • ポート
  • プロトコル

>>詳しくはこちら:QoSとは?デフォルト機能によるDSCPの可視化

function-net-traffic

Cisco IPSLA監視

Cisco IPSLA監視機能では、ネットワークのサービスレベルを測定するために、以下のような項目を監視することができます。

  • 可用性
  • ラウンドトリップタイム(RTT)
  • パケットロス
  • 遅延
  • ジッター
  • RTT
  • 平均オピニオン評価(MOS)

>>詳しくはこちら:Cisco IP SLAとその可視化ツール

function-net-traffic

VoIP監視

VoIP監視機能では、Cisco IPSLAを活用しVoIP通信のパフォーマンスを可視化します。

NetFlow AnalyzerのVoIP監視機能では、以下の項目に関するデータを参照できます。

  • ジッター(ゆらぎ)
  • パケットロス
  • 待ち時間

>>詳しくはこちら:VoIP 監視機能

function-net-traffic

Cisco WAN RTT監視

Cisco WAN RTT監視機能では、Cisco IPSLAを活用し、WANのRTT(ラウンドトリップタイム)を監視します。WAN RTTの監視では、Cisco IPSLAで取得できる以下の情報を参考にします。

  • RTT
  • ジッター
  • パケットロス
  • MOS

>>詳しくはこちら:Cisco IPSLA - WAN RTT監視機能

function-net-traffic

CBQoS監視

CBQos監視機能では、Cisco CBQoSを監視し、CBQoSで設定されているプレポリシーやポストポリシーに関するトラフィック情報を提供します。

function-net-traffic

トラフィック監視で内訳を把握!ツールの詳細はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版