Cisco IPSLA - WAN RTT監視機能

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

Cisco IPSLA - WAN RTT監視機能

ManageEngineのフロ―コレクタ―「NetFlow Analyzer」で、Cisco IPSLAを監視することにより、WAN RTTを監視できます。IPSLAでは、テスト用のパケットをWAN越しの任意の宛先へ送付します。IPSLAは、そのテストパケットが戻ってくる際のパフォーマンスにより、WANのRTT(ランドトリップタイム)を計測します。
NetFlow Analyzerでは、このパフォーマンスに関するデータをGUI上で分かりやすくグラフ化します。

WAN RTT監視の概要画面

wanrtt-monitoring-1

こちらの画面では、監視対象としている宛先毎にデータがレコード表示されます。
この画面では、以下のデータを一覧で参照することができます。

  • 最大RTT
  • 平均RTT
  • 最小RTT
  • 違反
  • 可用性
  • 次回ポーリング時間

監視対象としているそれぞれのレコードをクリックすることで、より詳細な可視化画面へ遷移します。

監視対象毎の詳細画面

wanrtt-monitoring-2

この詳細画面では、WANのRTTに関するすべてのデータを参照することができます。レコード形式の一覧画面とは違い、データがグラフ表示されるため、RTTの推移を確認することができます。

トラフィック監視で内訳を把握!ツールの詳細はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

関連ページ