xFlowとは

xFlowとは、ネットワークトラフィックの監視・分析を目的とするフロー技術(○○Flow)の総称を指す言葉です。xFlowは、もともと大量の通信を取り扱う通信事業社などで用いられていましたが、現在では手軽にトラフィックの内訳情報を把握する手段として、規模を問わず多くの企業で用いられています。

xFlowに含まれる情報

xFlowは、ネットワークを流れるパケットから、内訳の把握に必要な情報のみを抽出してフローデータを生成します。フロー技術により含まれている情報は異なりますが、フローデータには一般的には以下のような情報が含まれています。

  • 送信元IPアドレス、宛先IPアドレス
  • 送信元ポート番号、宛先ポート番号
  • プロトコル種別(TCP、UDPなど)
  • Tosバイト(DSCP)
  • 入力インターフェース

xFlowの種類

xFlowにはNetFlowやsFlowを始め、さまざまなものが存在します。それぞれのフローの概要や対応機器について、以下の表にまとめています。詳細については、解説ページをご参照ください。

 概要対応機器リンク
NetFlowCisco社によって開発されたフロー技術Cisco製を始めとした多くの機器NetFlow 解説ページ
sFlowInMon社によって開発されたフロー技術/一部のパケットを参照してフローデータを生成(サンプリング)さまざまなベンダー製の機器sFlow 解説ページ
IPFIXNetFlow V9を拡張して標準化したフロー技術(NetFlow V10とも呼ばれる)さまざまなベンダー製の機器IPFIX 解説ページ
J-FlowJuniper Networksによって開発されたフロー技術Juniper Networks製の機器などJ-Flow 解説ページ
AppFlowIPFIXを拡張し、L7レベルの情報を取得できるように設計されたフロー技術Citrix Systems製のスイッチなどAppFlow 解説ページ
NetFlow LiteNetFlowのサンプリング必須としたフロー技術Cisco製のスイッチなどNetFlow Lite 解説ページ

 

xFlowと従来の測定方法(SNMP・パケットキャプチャ)の違い

トラフィックの監視・分析を目的とした技術は、従来からSNMPやパケットキャプチャなどが存在しています。ここでは、それぞれの特徴やxFlowとの違いを紹介します。

SNMPとの比較

SNMPは、ネットワークの監視を目的として開発された技術です。SNMPを用いることで、インターフェースごとのトラフィック総量を把握することができます。業界標準規格でありベンダーを問わず利用できる点や、死活監視やパフォーマンス監視も合わせてとても手軽に利用できる点が特徴です。

SNMPは、ネットワークの監視を目的として開発された技術です。SNMPを用いることで、インターフェースごとのトラフィック総量を把握することができます。業界標準規格でありベンダーを問わず利用できる点や、死活監視やパフォーマンス監視も合わせてとても手軽に利用できる点が特徴です。

パケットキャプチャとの比較

パケットキャプチャは、ネットワークを流れるパケットを収集する技術であり、トラフィックの詳細分析を行うことができます。トラフィックの総量だけでなく、パケットのデータ部分も含めた非常に細かい分析ができる点が特徴です。

一方、xFlowとの違いとして、分析を行うためには専門知識や慣れが必要である、および、すべてのパケットを収集するためデータの容量が膨大となる、という点があります。

 

xFlow活用に欠かせないフローコレクター

xFlowは「専門知識や経験を問わず、トラフィックの内訳情報を手軽に把握したい」とお考えの方にはとても便利な技術です。ただしxFlowを活用するには、xFlowにより生成されるフローデータをわかりやすく整理して可視化するツールが必要です。そのようなツールは「フローコレクター」と呼ばれています。

フローコレクターでアプリケーション情報を可視化した例(NetFlow Analyzer)

ManageEngineでは、マウス操作だけで簡単に使えるフローコレクター「NetFlow Analyzer」を低価格帯でご提供しています。NetFlow Analyzerは、NetFlow、sFlow、IPFIXなど主要なxFlowに対応しています。アプリケーション(httpなど)/プロトコルごとのトラフィック量やIPアドレス単位のトラフィック調査もでき、「いつ・誰が・どのような通信をどれくらいの量していたか」をわかりやすく可視化します。実際の使用感は、以下の登録・インストール不要の体験サイトでぜひお試しください。

インストール不要で操作できる体験サイト

ManageEngineのトラフィック可視化ツール「NetFlow Analyzer」では、ツールの使用感を確認できるGUIベースのサイトを提供しております。制限はありますが、実際に操作いただくことも可能です。

インストールや設定は一切必要ないので、お気軽にお試しください。

今すぐ体験 ▶▶▶

関連するおすすめページ