sFlowとは?NetFlowとの違いと活用ツール

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

sFlowとは?

sFlowとは、InMon社が仕様作成したトラフィック監視技術です。ネットワーク機器を流れるパケットから生成されるsFlowは、IPアドレス、ポート番号、プロトコルなど、トラフィックの内訳情報を持ちます。sFlowを収集することで、ネットワークトラフィックの内訳を可視化し把握することができます。

そのため、SNMPがネットワーク帯域を流れる通信の総量を把握できるのに対して、補完的に利用することで効果があります。

sFlowとNetFlowの違い

また、トラフィックの内訳を把握するための技術として、より普及しているのにNetFlowがあります。NetFlowがCisco社の独自技術であり、基本的にCisco社の機器に実装されているのに対して、sFlow は、RFCの形で仕様が公開され、多くのベンダーが提供するネットワーク機器に実装されています。

技術的な観点で最も大きな違いは生成のされ方です。

  • sFlow:一部のパケットから生成される(サンプリング)
  • NetFlow:すべてのパケットから生成される

sFlowは、すべてのパケットから生成されない分、機器の負荷は抑えられるという点が強みです。一方、NetFlowは、すべてのパケットから生成るため、より精度をもとめられる要件に応えられるのが強みです。

とは言え、NetFlowでも機器の設定でサンプリングすることは可能です。そのため、通信事業者のような膨大なフローを解析する必要のある要件と比較し、一般企業が自社のネットワークの安定稼働を目的に導入する場合は、サンプリングしたデータで運用する設計が可能です。そういった意味では、sFlowとNetFlowに差はありません

sFlowを活用するために不可欠なフローコレクター

sFlowを活用するためには、sFlowに対応したルーターやスイッチ、ファイアウォールに加え、機器が生成したsFlowを収集し、可視化するツールが不可欠です。それがフローコレクターです。sFlowに対応したフローコレクターはsFlowコレクターとも呼ばれます。

モニタリングの強化に活用されることが多いため、しきい値を超えた場合のメール通知などにも対応しており、今、多くのネットワーク管理者がSNMPマネージャーに加え、フローコレクターの導入を進めています。

遅延の原因となる通信を1分で特定できるsFlowコレクター

ManageEngineが提供するNetFlow Analyzerも、NetFlowだけでなく、sFlowにも対応したフローコレクターのひとつです。運用に乗せやすいシンプルで分かりやすい管理画面が特長で、誰でも簡単にドリルダウンしながらネットワーク遅延の原因となっている通信をIPアドレス単位で特定できます。

NetFlow AnalyzerでsFlowを可視化するメリットは次の通りです。

ネットワーク混雑の把握

トラフィックパターンをリアルタイムに可視化することで、混雑したリンクをその場で特定することができます。関連付けられたアプリケーション・レベルの通信も、sFlow 情報からNetFlow Analyzer を介して特定することができます。この情報は、どのトラフィックを制御する必要があるかを決定したり、帯域の割り当てについて基幹アプリケーションを優先したりする場合に役立ちます。

インターフェースを流れる通信の総量

インターフェースを流れる通信の総量

インターフェースを流れる通信のアプリケーション毎の内訳

インターフェースを流れる通信のアプリケーション毎の内訳